FC明正審判部ログ−明正ジャッヂ!

明るく正しく頼りな〜く?

 

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:カンポス
@ドリブルする相手選手にスライディングしてボールを奪った状況。
スライディングはボールにいったが、直後、体が相手に触れ(当たり)相手選手は倒れてしまった。

判定→ノーファール
理由→スライディングタックルをし、ボールに触れる前に相手に触れていない。
このプレーが、状況から無謀あるいは不用意と主審が判断すればファールになる場合もあると思います。

Aドリブルする相手選手のボールをちょんと蹴りだした際、蹴りだした足につまづいて相手選手が倒れてしまった。

判定→ファール
理由→蹴りだした足が相手をつまづかせることは容易に認識できたはずなので不用意に相手をつまづかせたということから、ファールと判定。
ボールを自分のものにしようという意思はなく、相手のドリブルを阻止するために相手の足が引っかかるのを覚悟でボールに足を出しているような状況を想像しました。

12条の条文やガイドラインにも明確な記載はありませんので、主審が状況と選手の意図をどう見るか...ということになると思いす。
判定の条件や目安などがあるか、問い合わせしてみます。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ