FC明正審判部ログ−明正ジャッヂ!

明るく正しく頼りな〜く?

 

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:DMB
某所に最初の投稿の、試合の当該シーンの動画がアップされていました。改めて見てみると、見る角度にもよりますが、決定的でレッドともいえるし、決定的ではなくイエローともいえるし、難しい・・・   (^^;;;
投稿者:DMB
5/3の京都サンガvsコンサドーレ札幌戦でほぼ同じような場面がありました。

コンサドーレ札幌のHPから引用(http://www.consadole-sapporo.jp/info/topteam/detail/10_080503.html
「前半30分 中盤でパスをカットされ、アタリバ(京都)からダイレクトのパスがゴール前に出され、柳沢がワンタッチでGK高木をかわしにかかるが、高木がファールで止めてしまい。PKを与えれる。高木にイエローカード」

場所はペナルティーエリア内の右端付近で、ペナルティエリアの縦線に平行にまっすぐFW柳沢が進み、GK高木がボールにいったが両手で柳沢の足を引っかけたというプレー。
決定的ではないからレッドではなく、両手で足を引っかけてしまったので、PKで反スポーツ的行為でイエローカード。
先日の試合とほとんど同じプレーで、先日の主審の方の判定が妥当であったと思います。

(^^.... −−−[懺悔]~~~~
投稿者:DMB
自己レスです。
Aコーチに確認したところ、上記考え方でいいそうです。但し、状況によるところが大きく、例えば周りにDFがおらず、進路がゴールから遠ざかっていても、キーパーを抜いたらゴールががら空きで得点できるような状態なら、レッド ということでした。
Aコーチ、ありがとうございました。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ