FC明正審判部ログ−明正ジャッヂ!

明るく正しく頼りな〜く?

 

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:カンポス
このケースでは「B:やり直し」が適切であると思います。
明らかに再開を遅らせようとしたのなら遅延行為となります。
DMBさん正解v(^^)V

さて笛での再開にはどのようなケースがあるでしょう?
@前、後半の、また得点後のキックオフのとき
A次の場合にプレーを再開するとき
・適切な距離まで壁を下げたときのフリーキック※1
・ペナルティーキック
B次の理由でプレーが停止された後にプレーを再開するとき※2
・不正行為に対するイエローカードやレッドカードの提示
・負傷者の発生
・交代
以上のケースがガイドラインに記載されています。プレーの開始のために任意の笛が必要な場合、主審は、笛のシグナルまではプレー再開とならないことを競技者にはっきり伝える必要があります。
まず「はっきり伝える」が大切なことです。

※1:FK側の競技者から要求がない場合はプレーを止めないのが基本と思います。
壁が近い場合には声で下がるよう促します。
※2:ドロップボールで再開となる場合には笛を吹く必要はありません。
投稿者:DMB
おっぱやぴー様

主審が笛を吹いた後、FKしたらインプレーで、笛を吹く前ならインプレーになってないのでやり直しと思います。
明らかに意図的であれば、反スポーツ的行為でイエローで、気づかずにであれば、単にやり直しと思います。
皆さんのご意見いかがでしょうか?
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ