FC明正審判部ログ−明正ジャッヂ!

明るく正しく頼りな〜く?

 

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:DMB
先日の公式戦で、ほぼ同じシーンがありました。キーパーがキャッチしたところで、連盟のA主審は試合を止め、フィールドセンター付近で倒れた選手を外に出し、キーパーだけを呼びドロップボールで再開。ここで、キーパーはドロップボール後(ペナルティエリア内だったのでキャッチできるのですが)キャッチせず、そのまま蹴り、それが少し蹴り損ない気味で攻め込まれてしまいました。うちのキーパーにもルールをよく教えよう (^^)
投稿者:おっぱやぴー
これ,やったことあります。しかも,公式戦で…

そう,あれは3,4年前,場所はホーム(セピア色の回顧画面へ)。
その日は連盟使用日で,ジュニア大会予選が行われていた。ジュニア大会は8人制,フェアプレー精神の醸成という名目で,ひとり審判。あろうことに,世田谷最強の●ディが登場。高まる緊張感…(鼓動が聞こえてきそうでしょ!?)

で,やっちゃいました。というか,ドロップボールでの再開を知らなかった…懺悔。


あー,だんだん思い出してきちゃった。

開始1,2分だったと思う。意外にも●ディが攻め込まれ,ペナルティエリア内でDFがショルダー・チャージしてボールを奪取。今思えばファールが妥当な「過度な力」だったのに,開始早々のPK,しかも対●ディという,あってはならない状況判断が影響して,笛吹けず…懺悔その2

残り時間が少なくなり,展開が速くなる。こうなると,ひとり審判の泣き所であるオフサイド判定は大変。狭い明正でよかった。
で,オフサイド発見! 一息あけて笛を吹いたつもりだった。が,その瞬間,ボールはGKの手中に。
そう,アドバンテージを採用し,流していれば,パントキックで攻守が切り替わったはず。
ごめんなさい,未熟者でした…懺悔その3


うわぁ,来週は全日本予選だぁ。こんな悪い記憶はさっさと忘れなきゃ!
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ