2006/6/2

シャガール展・・・  

クリックすると元のサイズで表示します
大阪の天保山にある「サントリーミュージアム」「シャガール展」に行ってきました!!
海遊館の横に海を眺めるように建っています!

シャガールは、97歳でなくなるまで、旺盛でたくさんの作品を残したそうです!

音声ガイダンスを借りて、ゆっくり回ってみました・・・

シャガールの絵や版画は、ずーと一貫しているように私には感じました。
そして、その時その時の、気持ちというか感情が、色で分かるような気がしました。

たとえば、一番目についた作品で、「エッフェル塔と新婚の二人」という絵は、全体的に赤でまとまっていて、見てても「しあわせなんだぁ・・」
と、思ってしまう絵でした。

シャガールは、個人的な感想ですが、とても女性的な絵のような気がしました!(なんの根拠もないのですが・・・)

絵でいろんな事を表現できる才能は、本当にすばらしいと思います!!
私には、全く無い才能なので、特にそう思います!!

ユダヤ人の家に生まれた彼は、革命期や戦争、ナチスの迫害・・・
大変な時代の波に翻弄されて、それゆえに次々と、作品が生まれていったのかも知れませんねぇ・・・

なんて、今日はいろいろ考えた一日になりました!!(^_^)v

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ