2009/2/11

富士五湖からの富士山・・・  バスツアー

2月7日 土曜日 
二日目もいいお天気になりました!
朝は、5時過ぎには起きて、露天風呂にまずは・・・
空には、まだ星が輝いていました・・・

朝食は、バイキング・・・
クリックすると元のサイズで表示します
左は、パパでちょっと食べすぎでは・・・
この後でコーヒーとデザートは、もちろんサリィも・・・

さて、この日は「富士五湖からの富士山」を眺望できるでしょうか??

朝一番の富士山は、「御坂峠」からの富士山でした。(車窓から)
クリックすると元のサイズで表示します
ちょっと写真では薄いのですが、肉眼でははっきりと雲の無いキリッとした富士山が見えました!
バスの中は、拍手と歓声が上がりました!

途中で日本名水百選地「忍野八海」に立ち寄りました・・・
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
富士山の雪解け水が何年もかけて濾過されて、湧き出ているところです。
湧き出ている所が八か所あることろからこう呼ばれているそうです。
ペットボトルにお水を入れてる方がたくさんいました。

勉強不足だったサリィは、無しです・・・
¥150円で空のボトルだけが売っていましたが・・・

ここからの富士山も人気スポットらしいのですが・・・
クリックすると元のサイズで表示します
雲がかかって頭がちょこっとだけでした・・・

まずは「山中湖」から・・・
クリックすると元のサイズで表示します
富士山は、この背中側に見えるはずなんですが・・・
クリックすると元のサイズで表示します
屋根の向こうに、雲に隠れて・・・ナンデココ??

お次は、「富士山麓列車」に乗って河口湖まで行きます。
「富士吉田」という駅から・・・
クリックすると元のサイズで表示します
電車待ちをしているとかわいい特急が入って来ました!
サリィたちが乗ったのは・・・
クリックすると元のサイズで表示します
電車好きの甥っこに「トーマスに乗ったよ!」って自慢してやろうと、中の写真も撮ってみましたが、「これ違う!」って、言われそう・・・

ちょっと話が脱線しましたが・・・

いよいよ河口湖からの富士山です・・・
クリックすると元のサイズで表示します
河口湖からの富士山もこの程度かと・・・ショック

実は、お弁当の積み込みだったそうで・・・
クリックすると元のサイズで表示します
今回のツアーは、とにかく移動が多いので、車中でお弁当が、当たり前という事で・・・
でも、このお弁当も美味しかったです!

いよいよ富士山の姿をちゃんと見る事が出来るのでしょうか・・??
ドキドキしながらバスは進んで行きます・・・

車窓からですが、富士山のお姿が・・・
クリックすると元のサイズで表示します
ちょうど逆光になって、写真がうまく撮れませんでしたが・・・雲が切れて来て、富士山の全貌が見えてきました〜〜
富士山が樹海の向こう側にくっきりと見えてきました〜〜
クリックすると元のサイズで表示します


今回のサリィの中での「ベストショット」です。
河口湖からの富士山1
クリックすると元のサイズで表示します


河口湖からの富士山2
クリックすると元のサイズで表示します
ちょっと頭の辺りの雲が活火山の煙のようにも見えますが・・・

ここは車窓からの予定を運転手の方が、路肩に止めて下さって・・・
この写真が撮れました!
技術は未熟ですが、サリィの宝物になりそうです・・・

あっという間に雲がかかってこの後は、雲にかくれた富士山に・・・
「西湖」からは・・・
クリックすると元のサイズで表示します


「精進湖」からは・・・
クリックすると元のサイズで表示します


「本栖湖」からは・・・
クリックすると元のサイズで表示します
ここからは、一番見たかったのですが・・・
千円札の裏側の絵図で有名な富士山を撮りたかったです・・・
これは、残念でした・・・

「朝霧高原」にも向かいましたが・・・
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
ここでの滞在時間すべてを富士山を眺めてチャンスを待ちましたが、これが精一杯・・・

帰りには高速のサービスエリア「富士川」からもきれいに見えたら絶景のはずが、雲に覆われて、全く見えませんでした・・・

でも、朝から何度も雲が晴れて、きれいに富士山を見る事が出来たし、大満足でした!

いいお天気でしたし、帰りにはきれいな夕日も・・・
クリックすると元のサイズで表示します


浜名湖辺りでは夕暮れに・・・
クリックすると元のサイズで表示します
ここらで止まって欲しかったのですが・・・
ウナギが食べたかった・・・

帰りにバスの中で夕食を・・・
クリックすると元のサイズで表示します
前に食べ損なっていた「天むす」を・・・

後はぐっすり夢の中で・・・気が付くと大阪に到着!!

長々と綴ってしまいました・・・
最後までお付き合い下さって、ありがとうございました!
0
タグ: グルメ



2009/2/12  0:13

投稿者:サリィ

和着愛さん、こんばんわ〜!!
初めての富士山眺望でテンションが上がってしまって・・・(*^。^*)
でも、お天気にも恵まれ本当にラッキーでした!
ず〜〜っと、富士山を近くで見るのを楽しみにしていたので、最高でした!(^_-)-☆
写真の方は、未熟で見た感動を伝えられてませんが、サリィには宝物になりそうです・・・(^^♪
また、これからは関東方面にもお出かけしたいと思っていますので・・・

美味しい物を食べたり、いろいろな所に行けたり、今年も元気に行動したいと思っています・・・(^o^)丿♪

って、資金稼ぎ(お仕事)もできれば頑張りたいのですが・・・
しばらくは、貧乏旅行で楽しみますわぁ・・・ (^o^)アハッ!

http://yellow.ap.teacup.com/happymam3/

2009/2/11  23:32

投稿者:和着愛

サリィサン [☆。・:+*こんばんゎ*:+:・゚☆]

富士五湖から見た富士山って

色々な顔の山が見え素晴らしいですよね!!

「忍野八海」からの富士山も最高ですよね‥:*:♪・゜'☆.

サリィさんも山中湖で

背にした家の間からの富士山を撮られたのね

家と家の合間からドーンと出ている富士山が
何とも言えず私も撮ってしまいましたよ…━━━━━☆

美味しい空気、美味しいものを食べ、幸せいっぱいですね♪

富士五湖の素敵な景色ありがとうございましたφ(u_u*)





押しの

http://xmbs.jp/wakiai/

2009/2/11  23:27

投稿者:サリィ

さくらさん、こんばんわ〜!!
続けてこちらもありがとうございます!

ねぇ・・・ねぇ・・・こんなに素敵な富士山が見えました〜!\(^o^)/
サリィは、幸せ者です・・・(p_-)❤ウレシイ。。。

忍野八海はご存知のようで・・・
あの透明度の凄さには、ちょっと怖いくらいでした・・・
お水は美味しかった・・・と、いうかありがたかったです!(*^^)v

富士登山は、夢ですがサリィには無理だと思いますが、もう一度近くにいって、ず〜〜〜っと見ていたいですねぇ・・・(*^_^*)

さくらさんの富士山のお写真もお待ちしています!!(^o^)丿♪

http://yellow.ap.teacup.com/happymam3/

2009/2/11  23:15

投稿者:サリィ

りえさん、こんばんわ〜!!
富士山を一緒に見て下さって、ありがとう〜!!
サリィは、うれしくてテンションが上げ上げで・・・(^o^)丿♪
長々となってしまって・・・

年を取ると富士山が見たくなるんですって・・・
て、ある方に言われたんですが、その通りですねぇ・・・
ありがたくて、周りのご年配の方々と一緒に手を合わせてました・・・(*^_^*)
いろいろな所にも行けたし、美味しい物もいっぱい食べたし、本当に楽しい旅になりました!(*^^)v
「天むす」はりえさんはおなじみでしょうか?!
本当に美味しかったです!!
浜名湖のウナギは、また、次の楽しみにしておきます・・・(*^。^*)

http://yellow.ap.teacup.com/happymam3/

2009/2/11  22:04

投稿者:さくら

サリィさん、素敵!素敵!!!
なんて素敵な富士山のオンパレード!!!
あ〜・・・夢のようです!
特に西湖からの眺めが素敵です・・・・・!!!
忍野八海・・・のぞきこむと・・・ちょっと怖いですよね!(笑)
でも、すっごく透明度の高い水で・・・神秘です♪
天むす、うぅぅぅ・・・・・・食べたいっ!(=^エ^=)

2009/2/11  20:50

投稿者:りえ

サリィさん こんばんは♪
旅行の続き記事、楽しみにしてました\(^^@)/
朝食のバイキング、朝はあまり食べれない私だけど
宿のバイキングだと朝からいっぱい食べれます♪
私も旦那さまが食べられたぐらいの量はかるく
食べれそうです(笑)
忍野八海、綺麗な水が持ち帰りできるように
なってるんですね。
山中湖の写真も見せてもらえて嬉しいです
いろんな方面から写された富士山、どれもとても
綺麗です!
良い天気の日にお出かけできてほんとに良かったですね♪
電車に富士山の絵が描かれてるのも楽しいですね
乗ってみたくなります
夕日の写真もとても綺麗です(^^)
美味しいものいろいろ食べて素敵な景色いっぱい見れて
楽しい旅行になりましたね♪
楽しく記事拝見させてもらいましたよ(^^) ありがとう(^_-)-☆


http://hello88.blog81.fc2.com/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ