内山コーチの独り言…さっかー場放浪記?

サッカー選手を育てる、子供を育てるって、いいお酒を造る作業に似てるんです。
手間隙かけて、決して手を抜かず!
だから、作った人に敬意を表して、いいものを作る秘訣を味わうために、たくさんいただく事にしよう…

酒場放浪記じゃないですよ!
さっかー場ですからね。
「さかば」
って読まずに、
「さっかー」
って読んでね!

 

カレンダー

2019年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

過去ログ

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:uchiyamanaoto
我々世代のヒーローって、3分間しか変身できないウルトラマンや空を飛べない仮面ライダー、上手く操縦できないマジンガーZなど、みんな何か欠点を持っていてそれが魅力だった気がします。
子どもたちにサッカーの魅力を語るときに、メッシやロベルとカルロスのように小さかったり、中村俊介のように足がさほど速くなかったりしてもヒーローになれるんだってことをよく話します。
言葉は悪いですが、サッカーの持つあいまいさやいい加減さ、そういった懐の深さ、すべてにおいて100%じゃなくてもヒーローになれる、そんなところが私をいまだに魅了しています。
先日の引用ではありませんが、少し坂を登っただけで答えが見つかった気になっていたら一筋の雲だった、そんな繰り返しですがだからこそ一生続ける価値のあるスポーツだと思います。
年末に近づくと、どうしても美味しいものとお酒の話題に偏りがちですが、懲りずにまたご意見お聞かせください。ありがとうございました。
投稿者:kenji komata
内山さん バレーボールの事が書いてあったので少しだけ・・・。失礼します。

実は植田監督は私の大学同期です。女子の真鍋監督は1つ上です。
私が通った大学はあらゆる競技で学生時代から日本代表や、ユニバーシアード代表が名を連ねる大学でしたから、私は代表歴がないからあまり記録、記憶は残っていないでしょう。だから向こうは私を知らないと思いますが、応援しています。

サッカーの歴史を紐解いていくと、個と集の鬩ぎ合いを感じることもあります。
戦術を重視するチームは、その戦術を生かさせない戦術を持ったチームにやられます。個を重視するチームは、個の能力が勝るチームにやられます。

どちらが良いのかという議論は私はできません。

要はサッカーって様々な側面を持っています。本当に奥が深いです。

日本のスポーツ界の競技は先行して活躍しますが、世界に広がり人気が出始めると、追い越されることが多いです。

それでも諦めずに何とか追いつこうとする。その人たちを見ていると、とても勇気をもらいます。
そこにスポーツの素晴らしさがあるのだと思っています。勝つことだけでない何かが…。
考えると止め処がないです。だからスポーツはやめられないです。

指導させていただく時、指導者が何を伝えたいのか、その理念が重要だなと感じる事が沢山ありました。
10人居れば、10通りの指導です。それだけ難しいことです。

私も迷走中ですが、内山さんも頑張ってください。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ