春夏秋冬

東京の西の外れ、多摩地区に生息する。家族や友人など人との関わり大切に。
旅、スポーツ観戦、アマチュア無線、幕末史、など野次馬根性で趣味に取り組む。
孫のめざましい成長を喜び。スポーツを通じてナショナリズムにかき立てられ。
祭りに血が騒ぎ。四季の変化に向き合い、目の前に起きる様々な出来事を目
の丈で追ってみた。
しがらみのない自由人の野次馬姿は「記事カテゴリ」からご覧ください。

 

カレンダー

2020年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

自由項目

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:WCAN交通まちづくり分科会
テレビ等の放送に関しては、面白可笑しく番組を作る面から、鹿島さんには非常に気の毒に思います。
対して貴志川線は、日立のおこぼれでNHKの番組で取り上げられた幸運や、運輸関係に強い地元国会議員などで運よく延命されたのも一因とも言えます。しかし、私は今回の運動の反省点はローカル鉄道を抱える地域にとって、存廃問題が起こってからではなく、起こるまえからでも、地域にとって将来を含めての鉄道の有りかたを考えるべきだったと思っています。
毎日、貴志川線が我が家の前を通っていますが、署名が25万以上も集まったといえ、依然、乗客は目に見えて増えていません。地域住民の大半が自動車に依存しているのは、貴志川線と鹿島鉄道も、「乗る必要がない、乗る用事がない。」だと、思います。
あえて違いを申せば、「乗らんけど残して欲しい。」という人の差だったかもしれません。


http://wakayama.shiminjuku.jp/eventboard/naiyoudsp.aspx?EID=4811
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ