My Yahoo!に追加

2018/2/15

ヒーリングってやっぱスゴイ  癒しと祈り

 十日ほど前に、ものすごく不思議な出会いがあり、その方のワンちゃんをカウンセリングいたしました。

当初はヒーリングをご希望でしたが、気持ちを知ることを望まれていたのでアニマルカウンセリングの遠隔を行うことになりました。

 たくさんの病気を抱えながら必死に生きるワンちゃんの気持ちをお伝えし、飼い主さんとこれからの人生を幸せに、より幸せに暮らせることと思います。

 私の父を含め、人も動物も家族からの愛情はもちろんですが受け手になるばかりではなく、力になりたい気持ちを持っています。

 私は師匠曰く「偉大なるファザコン」なのだそうですが子供時代から父には本当に大切に愛情を受けてきた記憶があります。自営業だったのでどこかへ行くとかめったになくて父の磯釣りに一緒についていくとか、得意先に行く車に乗せてもらうとか、その程度でした。外食は月に1〜2回でしたが、幼少時代に父から何か特別に物を買ってもらったことはなく、20歳の時にようやく小さなポシェットを買ってもらっただけでした。

その後は海外出張でイタリヤ、ドイツ、フランスに行った際に、毎回、自分のものは買わず、実の妹と姪と、兄嫁、母、私にと、アクセサリーやバッグを買ってきましたが皆に趣味に合わないとか、もっと違うデザインはなかったのか?とか批判をされてかわいそうでした。

(*店の人に勧められるままに買っていたようで8頭身の外人と4頭身の関西人では全く違う・・・。)

だから母が他界した後、趣味に合わず使用されなかったアクセサリーやバッグはすべて私が譲り受けました。私はブランドに興味もないし、特に好みもないので何かの際にはなんとなく使っている感じで。

その父のことを思い返すと、同行した方の話があまりに面白くて家族に見せなかった一面がたくさんあったことがわかりました。

人にも動物にもいろんな顔があります。家族に見せる顔、友人に見せる顔、仕事で見せる顔、嫌いな相手に見せる顔、恩人に見せる顔・・・そして、予期せぬ事故や病気の時に見せる一瞬の顔。

 大病をすると、見せる相手が限られて表情は少なくなり、余命がわずかになると、さらに表情は減ります。

半月前、父はもう、余命幾ばくもないかのような衰弱状態で絶食絶水はほぼ一か月続き、毎日毎日エネルギーを送り続け、のどの渇きや苦しみからの解放を私はねがっていました。

インフルエンザが蔓延し、ひん死に近い状態の患者の家族すら面会は禁止され、医師から治療しても無駄といわれ、以降の病状もわからない不安な日々を過ごしました。

実家の兄からの連絡も途絶え、どうなっているのだろうか、実はもうすでに他界しているんじゃないか、とかあれこれ考えつつ。

今朝、ようやく兄からメッセージが入り、

「何とか意識が戻った。このまま少しずつ回復すれば流動食まで戻れる可能性はゼロではない」ということでした。

 命には寿命はもちろんですが、生命力ってやっぱりあるんだと思います。生命力があって、回復力がある。

本人の生きる力と、ケア、そして、見えないエネルギーの力。

自宅の動物たちにもこれまでヒーリングのエネルギーでなんども救われましたし、医師が見放した余命が1年2年と延びたこともあります。

治療でもないし、何をどうできるかと言われたらただ、エネルギーを送るとしか説明はできません。

それでも、送るんです。

ベストなことができないからよりベターな状態になれるように自分のできることをするだけです。

父が入院して以来、ずっとずっと、私の師匠はエネルギーを送ってくださっています。私よりずっと大きなエネルギーです。

こういうことがあるたびに私はヒーリングのエネルギーってやっぱスゴイって思うんです。

アニマルコミュニケーター・ヒーラー愉意のカウンセリングは下記からどうぞ。

info@animalcommunication-yuinagano.com

クリックすると元のサイズで表示します

オーラの状態からその子の現在の肉体や体内透視、感情、改善したいことを読み取り、行動学の面からも解析し、直接、語り掛けるコミュニケーションです

*イベントのコンテンツ、オフ会での講和、お友達同士でのワークショップについてはなるべく5名以上のグループでお申し込みください。

http://www.animalcommunication-yuinagano.com

info@animalcommunication-yuinagano.com

*ヒーリング、カウンセリングを受けていただいた際に、アンケートにご記入頂き、その際にブログやホームページに掲載してもよいかどうかのご確認を頂いておりますので個人情報保護法に基づき、無断で掲載をしたり公開をするようなことは行っておりません。


本日の食事 クリシュナとラーマ・1日3食

朝食、夕食はドッグフード、炭水化物(焼き麩・玄米)その他フラワーレメディ

夜食(健康維持・潰瘍・扁平上皮癌対応食)

クコの実4粒、干し大根10グラム、キャベツ80グラム、ブロッコリーサプリ2粒、ニンジン20グラム、カボチャ10グラム、豆腐10グラム、とりミンチ40グラム、はなびらたけ粉末


2018/2/9

高齢者の終末医療と家族の葛藤  癒しと祈り

父のその後。

ヒーリングは続けていますがようやく兄が面会を許可されて会ってみると、あまりに痩せ過ぎていたらしく。

 会話をするのはやっとの状態。

会わせて話したい人もいるだろうけれど、殆どが高齢で他界していたり、相手も入院していたり。

結局、親戚でも一番、父が仲よかった妹である叔母に連絡することにした。


腰椎粉砕骨折で年末に外科病院に搬送されてから、手術もできず、寝たきりになるならこの病院では看護はできないといわれて転院するようにすすめられ、ケアマネさんとすぐに入れる病院を探したら、転院した先は認知症ではないけれど、高齢者の寝たきり患者さんの専門病院。

担当医は「もう、87歳だし、社会復帰もできないし、立って歩けない状態だし、治療しても…ねぇ?」という感じ。積極的に治療し回復を目的とした病院ではなく、自分で回復できる人が治療という助けを受けて終焉を迎えるための病院でした。

治療は転院してから2週間 、誤嚥性肺炎を起こすから水も食べるものも禁止で、1人部屋に寝かされているだけだった。

ようやく数日前に足の静脈から点滴を入れ始めたけどインフルエンザが蔓延しているから、家族すら一切の面会は禁止され、やっと面会ができると思うと午後の1時間だけ。

それで兄が久しぶりに面会に行ったら、あまりにも衰弱して痩せていた、という状況で。

たしかに、社会復帰ができない、回復の見込みがない高齢者は医療費ばかりが膨らんで、社旗のためにもならない、治療の意味はないかもしれない。

家族の一時の感情で延命しても、長引くほどに疲れ、経済的負担も大きい。

結果的に「可哀想だからと延命したけど、あの時そのまま逝ってくれていたら. . .」と生きていることが負担になる場合もある。これも残酷なようだけど気持ちはよくわかるし、たぶん、大半の人が心の中でそう思うんじゃないか。


頭ではわかっている。

わかっているけれど、心情的に割り切れない。なぜ医師が治療をしない?

なんとか元気になることを願っていたけれど ・・・。

ヒーリングとリーディングで、遠隔で会話をし、やりたいことや会いたい人がいないかと聞いてみたけど、夢に出てくる父が亡くなった祖父母と母と猫のしのちゃんだったので「あぁ、もう、旅立つ気になっているんだな」ということがわかりました。

海が好きだった父が海の見える広くて大きなヒノキのお風呂に入って、気持ちよさそうにしていたので入退院を繰り返して、骨折し、不自由になった体を伸ばしてお風呂に入りたかったことがわかりました。

来週末に面会に行っても会えるかどうかもわかりませんが遠隔で会話を続け、エネルギーを送り、苦しみや悲しみから解放して上げられればと願っています。



アニマルコミュニケーター・ヒーラー愉意のカウンセリングは下記からどうぞ。

info@animalcommunication-yuinagano.com

クリックすると元のサイズで表示します

オーラの状態からその子の現在の肉体や体内透視、感情、改善したいことを読み取り、行動学の面からも解析し、直接、語り掛けるコミュニケーションです。

*オフ会での講和、お友達同士でのワークショップについてはなるべく5名以上のグループでお申し込みください。

http://www.animalcommunication-yuinagano.com

info@animalcommunication-yuinagano.com

*ヒーリング、カウンセリングを受けていただいた際に、アンケートにご記入頂き、その際にブログやホームページに掲載してもよいかどうかのご確認を頂いておりますので個人情報保護法に基づき、無断で掲載をしたり公開をするようなことは行っておりません。



本日の食事 クリシュナとラーマ・1日3食

朝食、夕食はドッグフード、炭水化物(焼き麩・玄米)その他フラワーレメディ

夜食(健康維持・潰瘍・扁平上皮癌対応食)

クコの実4粒、干し大根10グラム、キャベツ・白菜80グラム、ブロッコリーサプリ2粒、ニンジン20グラム、カボチャ10グラム、豆腐10グラム、とりミンチ40グラム、豚軟骨30グラム、はなびらたけ粉末


2018/2/2

人のヒーリング(父との絆)  父の癌治療

MRSA・・・。ただの感染症だと思っていたのですが、とても怖い感染症だということを知りました。
 昨年の年明けに大腿骨を骨折し大量出血を起こして、手術からリハビリ、と、高齢ながらも復活した父は手押し車があればなんとか日常生活を送ることができていました。

 骨粗相症は高齢の女性しかならないと思っていたら男性もなるらしく、父の大腿骨は金具でとめても内部がサクサクの軽石状態で「次に転倒したらもう、手術はできない、二度と歩けなくなり寝たきりになる」と医師から告げられました。

師匠から遠隔でエネルギーを送っていただき、去年の11月にお見舞いに行くと痩せてはいたけれど、骨折で入院した時からずいぶん元気になっていたので、また年を越せそうで良かったなぁ、とおもいながら半日を一緒に過ごしてその日のうちに夜行の高速バスで帰宅しました。

 そしてそれからひと月がすぎた12月20日頃。

87回目の誕生日を無事に迎えることができ、頻繁に入退院を繰り返した誤嚥性肺炎も安定し、また新しい一年が過ごせるものだと信じていました。

12月26日に兄から連絡があり25日にまた父が怪我をしたことを知らされた。

 ふとした拍子に尻もちをつき、今度は腰椎粉砕骨折。

せっかく退院した外科病院に再び救急搬送され、手術すらできないまま激痛に苦しみながら新年を迎えた。

医師は歩けなくても自分の腕の力で車イスに移動できるようにと、リハビリ計画を立ててくれました。

しかし、血液検査をすると膵臓の数値も悪く、思った以上に深刻なのは栄養状態の悪さ。

極度の貧血状態と誤嚥性肺炎を起こすため口からの摂取ができなくなった。

唾液すら誤嚥性肺炎を起こすため水すら飲めない。

生命を維持する最低限の栄養補給は唯一、点滴のみ。また、入院した病院は外科治療の病院なので、長期の入院はできず、所謂、高齢者の寝たきり患者を受け入れる専門の病院へ転院することになった。

時期を同じくして実家の兄も入院しており、転院の時以外は医師とは電話で話しただけ。義姉が走り回ってあらゆる手続きを行ってくれた。

母が亡くなってからお世話になっていた高齢者支援マンションも自分の身の回りのことができなくなれば即、退去しなければならなくなり、家賃もかさむため引っ越しも行わなければならなくなった。ケアマネージャーさんが「お父さんにとって一番何がいい方法かを考えましょう」とずいぶん相談に乗ってくれた。

今年に入って、もう携帯すら触れない状態の父が、頻繁に夢の中で電話をかけてくるし、昔乗っていた車で、自分で運転をして長野までやって来たり。

夢の中ではすごく元気で重い荷物だって簡単に持ち上げる。

きっと、何か言いたいことがあるんだと思う。

私は母とは仲が悪かったが父とは喧嘩をしても仲がよく大好きだったから、どこか、離れていても繋がっているんだと思う。

今月の半ばに結局、高齢者の専門病院に転院し、相当衰弱しているということなので面会に行こうと思ったが、インフルエンザの予防のため、面会はできないらしい。病院全体が面会禁止で、誰であっても、たとえ家族でも受け入れてもらえない。一見冷たいようにも思えるが、正しい判断だと思う。

転院して2週間になるが、以来、一切の飲食が出来ないままいるのでさらに衰弱がひどくなり、余命の保証もない。喉からチューブを通しても、誤嚥から逆流すると窒息をするためそれもキケンらしい。

ようやく一昨日まえの夕方から、脚の静脈に体力を回復させる栄養剤の点滴を入れたがMRSAを保菌しているとのこと。

MRSAは通常、感染症だが髄膜炎や肺炎を始め、腸炎など、免疫力や抵抗力の特に弱い高齢者には命とりになるもので、このための投薬治療をすれば、肺炎になりやすくなるし、体力が低下してしまう。手術の際の固定した金属を異物と判断したときや、すでに保菌していたことも考えられる。

体力を回復させ、まずは食事を摂取するための治療からで、MRSAを含む 病気の治療は後回し。

その間に保菌から発症に変われば即、死につながる。

だから、どれくらい生命が維持できるか、いつまで保つか、医師にもわからない。それなのに、面会は禁止。もし、面会できないままに最期を迎えたらだれにも看取られず、屍の門から連れ出されるような状況で・・・。

長野県に居る以上、危篤と聞いて、すぐに向かっても間に合うかどうかもわからないし、覚悟はできているが、まだ、私自身が諦めきれない。

みんないつかは年を取って、死んでいく。順番通りにいかないこともあるけれど、たいていは親から先に死んでいく。

いまは、遠隔ヒーリングでとにかく苦痛を取り除くことができるように、ただ、ひたすらエネルギーを送り続けることしかできない。気持ちが落ち着いたら私も師匠のカウンセリングを受けてみよう。



アニマルコミュニケーター・ヒーラー愉意のカウンセリングは下記からどうぞ。

info@animalcommunication-yuinagano.com


クリックすると元のサイズで表示します
オーラの状態からその子の現在の肉体や体内透視、感情、改善したいことを読み取り、行動学の面からも解析し、直接、語り掛けるコミュニケーションです。

*オフ会での講和、お友達同士でのワークショップについてはなるべく5名以上のグループでお申し込みください。

http://www.animalcommunication-yuinagano.com

info@animalcommunication-yuinagano.com

*ヒーリング、カウンセリングを受けていただいた際に、アンケートにご記入頂き、その際にブログやホームページに掲載してもよいかどうかのご確認を頂いておりますので個人情報保護法に基づき、無断で掲載をしたり公開をするようなことは行っておりません。


本日の食事 クリシュナとラーマ・1日3食

朝食、夕食はドッグフード、炭水化物(焼き麩・玄米)その他フラワーレメディ

夜食(健康維持・潰瘍・扁平上皮癌対応食)

クコの実4粒、干し大根10グラム、キャベツ・白菜80グラム、ブロッコリーサプリ2粒、ニンジン20グラム、カボチャ10グラム、豆腐10グラム、とりミンチ40グラム、豚軟骨30グラム、はなびらたけ粉末



2018/1/30

ラーマに天罰が下る。  クリシュナとラーマ

雪どけも始まったばかりでまた、寒さがぶり返す三寒四温。

 昔ならすでに肺炎を拗らせて、この世から消えているくらいの中高年のわたしですが、先週の土曜日に無事に新しい歳を迎えることができました。


日曜の夜にカレッジから帰宅してクリシュナとラーマに留守番してくれた感謝とお礼を伝えて少し話をして、自家製すなぎもジャーキーを食べ、ご機嫌で就寝。


月曜日は犬用の布団やマットを干してふかふかにし、遊ばせている間にお掃除。


せっかく治ったお耳をまた、ラーマに噛まれてピー、ピーと悲鳴をあげるクリシュナを保護し、ラーマを叱りました。


「ラーマさん、シュナくんのお耳はミミガーではないぞ。

高江洲先生に言いつけるぞ」


歯磨き用のポッキーくらいの太さのガムを与えると、ラーマは自分の分をすぐに確保して噛み始めた。

シュナくんは先に遊びたいため、ガムを落としても平気で、すぐにラーマに奪われてしまうため、後になってあちこち匂いをかいで探すことに。

クリックすると元のサイズで表示します

あ〜ぁ、また、ラーマにとられたやん。

しばらくあちこち探していたシュナくんだったけど、あきらめました。

すると、ラーマの様子がなんか、変?


「お母さんタスケテ〜」

前足で口のあたりを何度も擦り付けて暴れてる。


喉に詰めたのかと思ったらガムが上あごの両側の歯に、横にしっかりと挟まり、外れない。

全く計ったように上あごと同じ長さでしっかりとはまってる。

あー、なんとうまくはまってしまっているの。

クリックすると元のサイズで表示します
「・・・あ〜ん」



口を開けて取ろうとすると閉じてしまう。それでも取って欲しいから、すぐにそばに寄ってくる。

「取って!」

「やめて!」

の繰り返し。



身体をガッチリと固定してもう一度口の中の状態を見る。

取って欲しいけど暴れまくるラーマさん。

イライラし始めて、八つ当たりして私を咬み、シュナくんに向かって牙を剥く。



なんだ、その態度は。お母さんにはむかうとは。

赦さん。赦さん。

ゆるさんぞ!



ガムの形状は細くてねじってあるタイプ

無理やり取ろうとして喉に詰めると窒息しちゃう。



ヨダレでふやかそう!


少し煮干しの粉末を入れたお湯を飲ませて水分を取らせて様子を見る。


格闘すること約15分。

遊んでいると思ってシュナくんはじゃれついてくるし、もぉ〜(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾ 「ちょっと〜!!!」


・・・数分後。



ガムを食べている。


お?


取れたね?しかも何事もなかったように平然と食べてるね?

やったぜ。
(もしかして、リスのように蓄えていただけ?ってことはないよね?)


良かったね、ラーマ。


ガムって、小型犬なら喉に詰めやすいから、側についていないといけないけど、中型犬だから安心して気を抜いていたら、まさかの上あごはまりとは!

お口の中も切れたり傷ついたりしていないし、歯も折れていない。



「ラーマはバチがあたったんだよ。」



「最近は、シュナくんに唸ってお耳を噛んだり、おやつを奪ったりしていたでしょう?」



と言ったけど本人はそんなことは大したことがないらしく全然こりておりません。


夕方には干し大根とかぼちゃを茹でた煮干し入りご飯。

すっきりしたから、ガムはまり事件などすっかり忘れたように、たっぷり食べました。


アニマルコミュニケーター・ヒーラー愉意のカウンセリングは下記からどうぞ。

info@animalcommunication-yuinagano.com

クリックすると元のサイズで表示します

オーラの状態からその子の現在の肉体や体内透視、感情、改善したいことを読み取り、行動学の面からも解析し、直接、語り掛けるコミュニケーションです。
*オフ会での講和、お友達同士でのワークショップについてはなるべく5名以上のグループでお申し込みください。

http://www.animalcommunication-yuinagano.com

info@animalcommunication-yuinagano.com

*ヒーリング、カウンセリングを受けていただいた際に、アンケートにご記入頂き、その際にブログやホームページに掲載してもよいかどうかのご確認を頂いておりますので個人情報保護法に基づき、無断で掲載をしたり公開をするようなことは行っておりません。



本日の食事 クリシュナとラーマ・1日3食

朝食、夕食はドッグフード、炭水化物(焼き麩・玄米)その他フラワーレメディ

夜食(健康維持・潰瘍・扁平上皮癌対応食)

クコの実4粒、干し大根10グラム、キャベツ・白菜80グラム、ブロッコリーサプリ2粒、ニンジン20グラム、カボチャ10グラム、豆腐10グラム、とりミンチ40グラム、豚軟骨30グラム、はなびらたけ粉末

2018/1/9

オネエサン、僕ぁ、病気だから。  クリシュナとラーマ

シュナくん、病院に行ってきました。

分院の院長が本院にいて診察してくれたので、嬉しくて嬉しくて、大興奮であちこち薙ぎ倒して、待合室や入院患者さんのお部屋をのぞいて入ろうとしたり、うんちしたり、オシッコしたり、AHTのオネエさんに甘えて飛びつき、お耳の写真を撮って貰って、お薬を飲ませてもらい、お爪も切ってもらいました。

{…はぁ、息継ぎなしで↑一気にしゃべったぞ}

クリックすると元のサイズで表示します
〈個々の設備は分院と違って高いから壊さないでね…〉

昨日、お母さんはシュナ君のお耳に潰瘍ができてしまったことをすごく反省したのに・・・。あの反省を返せ。

 分院なら院長にお爪を切られると暴れて出血するけど、オネエさんに切られても暴れないから出血しなかった。

ただただ、ふだんは川上村の中高年のお母さんと高齢者にしか甘えられないから、この時とばかり、弱ったフリして甘えまくった。

「オネエさん♡僕ぁ、病気だから」

私を見るときは、いつもなら三白眼なのに、オネエさんをみるときは黒目をまん丸くして、ちょっと首をかしげてみたりして。白目なんかちょっとしか見せない。マズルもプックリふくらんでるし。

クリックすると元のサイズで表示します
「えへ。えへ。えへ。」

なんちゅうやっちゃ。


かわいいねえ、とか、優しいねぇ、とかいっぱいお褒めの言葉を戴いてご機嫌に帰宅した。

お母さんはすぐに保険の手続きに・・・。

シュナくんは、満足しまくりご飯も食べたし、いま、ぐっすり寝ています。

…おい、どこが病気やねん。

ええかげんにせぇ。


アニマルコミュニケーター・ヒーラー愉意のカウンセリングは下記からどうぞ。

info@animalcommunication-yuinagano.com

人間関係が苦手、うまくいかない、という方もアニマルコミュニケーションカレッジへどうぞ。コミュニケーションの基本からコミュニケーターになるまでの1年間のコースです。

資料のご請求は下記アドレスからもどうぞ。すぐに発送いたします。

第10期生開講中!

年齢不問・入学は随時できるようになりました。

info@animalcommunication-yuinagano.com

アニマルコミュニケーター・ヒーラー愉意のカウンセリングは下記からどうぞ。

info@animalcommunication-yuinagano.com
クリックすると元のサイズで表示します
オーラの状態からその子の現在の肉体や体内透視、感情、改善したいことを読み取り、行動学の面からも解析し、直接、語り掛けるコミュニケーションです。*アニマルコミュニケーションカレッジ現役講師によるコミュニケーションです。ワークショップについては5名以上のグループでお申し込み・お問い合わせください。
http://www.animalcommunication-yuinagano.com

info@animalcommunication-yuinagano.com
*ヒーリング、カウンセリングを受けていただいた際に、アンケートにご記入頂き、その際にブログやホームページに掲載してもよいかどうかのご確認を頂いておりますので個人情報保護法に基づき、無断で掲載をしたり公開をするようなことは行っておりません。

本日の食事 クリシュナとラーマ・1日3食

朝食、夕食はドッグフード、炭水化物(焼き麩・玄米)その他フラワーレメディ

夜食(健康維持・潰瘍・扁平上皮癌対応食)

クコの実4粒、棗1個、大根10グラム、キャベツ・白菜80グラム、ブロッコリーサプリ2粒、ニンジン20グラム、豆腐10グラム、とりミンチ40グラム、豚軟骨30グラム、はなびらたけ粉末


2018/1/8

とうとう…咬まれすぎて・・・  クリシュナとラーマ

去年の年末のこと・・・。

シュナ君はお耳から出血しました。

床にも壁にも頭を振るたびに血が飛び散り、お布団にもたくさんの血が付きました。

クリックすると元のサイズで表示します
ラーマに咬まれました・・・。

キケンな子じゃないです。こわい犬でもないし、狂犬でも猛犬でもないんです。

ラーマはもともとちょっとした咬み癖があって、ご近所さんを咬んだこと、私を咬んだこと、があります。

二人とも出血しました。

病院に行くほどでもなかったので腕がパンパンに腫れて結構な痛みはありましたが消毒をして、自己免疫力で乗り切りました。縫うほどでもなかったので・・・。

私に対してはちょっとした遊びから興奮しすぎてのことだったのと、ご近所さんは急に接近したからラーマがびっくりして飛びついたためでどちらも咬む気はなかったんです。

シュナ君にも遊びの延長で興奮しすぎて喧嘩になり、咬みつきやすい場所がお耳でした。

「ラーマ、このかわいいお口は誰かを咬んで傷つけるための奥地じゃないよ。おいしいものを食べるためと、大好きな相手にチュウするためのお口だよ。咬んじゃダメ。わかるよね?」

シュナ君はラーマが子犬のころからじゃれてはお耳を咬まれていたので、潰瘍にならないように、接近しすぎないように、気を付けながらもロングリードで放牧する以外は引き離していました。

・・・残念です。
クリックすると元のサイズで表示します

左のお耳に潰瘍ができてしまいました。

年末に咬まれたところに薬を塗っていましたがついに潰瘍ができました。

触ると嫌がります。

お正月休みと、成人式で診療時間が変更になっていたり、ラーマの実家のお父さんである我が家のわんこ達の主治医が診療日でなかったりして、いつもは分院なんだけどやむを得ず本院のちょっと遠い小諸まで行くことになりました。

今日はみぞれが降っています。

明日はもっと天候が悪くなるかも・・・。

軽自動車の2駆は坂道が滑って超怖い。

明日、早く行きたいけど、お昼のほうがいいかもね。

安全運転でゆっくり行こうね、シュナ君・・・。

アニマルコミュニケーター・ヒーラー愉意のカウンセリングは下記からどうぞ。

info@animalcommunication-yuinagano.com

人間関係が苦手、うまくいかない、という方もアニマルコミュニケーションカレッジへどうぞ。コミュニケーションの基本からコミュニケーターになるまでの1年間のコースです。

資料のご請求は下記アドレスからもどうぞ。すぐに発送いたします。

第10期生開講中!

年齢不問・入学は随時できるようになりました。
下記からお問い合わせください。
info@animalcommunication-yuinagano.com

アニマルコミュニケーター・ヒーラー愉意のカウンセリングは下記からどうぞ。
info@animalcommunication-yuinagano.com
クリックすると元のサイズで表示します
オーラの状態からその子の現在の肉体や体内透視、感情、改善したいことを読み取り、行動学の面からも解析し、直接、語り掛けるコミュニケーションです。*アニマルコミュニケーションカレッジ現役講師によるコミュニケーションです。ワークショップについては5名以上のグループでお申し込み・お問い合わせください。
http://www.animalcommunication-yuinagano.com

info@animalcommunication-yuinagano.com

*ヒーリング、カウンセリングを受けていただいた際に、アンケートにご記入頂き、その際にブログやホームページに掲載してもよいかどうかのご確認を頂いておりますので個人情報保護法に基づき、無断で掲載をしたり公開をするようなことは行っておりません。

本日の食事 クリシュナとラーマ・1日3食

朝食、夕食はドッグフード、炭水化物(焼き麩・玄米)その他フラワーレメディ

夜食(健康維持・潰瘍・扁平上皮癌対応食)

クコの実4粒、棗1個、大根10グラム、キャベツ・白菜80グラム、ブロッコリーサプリ2粒、豆腐10グラム、とりミンチ40グラム、豚軟骨30グラム、はなびらたけ粉末






2018/1/1

(無題)  お知らせ、ご案内

新年あけましておめでとうございます!
本年もどうぞよろしくお願い致します。

クリックすると元のサイズで表示します


アニマルコミュニケーター・ヒーラー愉意のカウンセリングは下記からどうぞ。
新年も休まず営業中!
info@animalcommunication-yuinagano.com
クリックすると元のサイズで表示します





2017/12/31

来年もよろしくお願いします。  癒しと祈り

大みそかになってしまいました。

 12月の中頃、炊飯器が壊れました。

20日頃にはあまりの寒さにパソコンが本当の意味でのフリーズを起こし、さらにクリスマス前に暖房器具が停止し、大赤字のあたふたな半月を過ごしました。

クリスマス前日にパソコンは新しいものに買い換えて、炊飯器も何とか購入し、パネルヒーターは、ガソリンスタンドからの自動給油が未配達だったために夜なかにあまりの寒さに目がさめてそのまま朝を迎えて、故障だ、業者さんは休みだと大騒ぎした挙句、給油タンクが空になっていることに気づいて、故障でなくホッとするという・・・なんとも寒くて情けない半月でした〜。


クリックすると元のサイズで表示します
 今年の初めに実家の父が大腿骨を骨折し、大出血を起こして救急搬送され、リハビリからなんとか伝い歩きができるようになり、肺炎で入退院を繰り返してイブに退院。兄も腎系統の病気で年明けまで入院。

父は高齢だけど、12月にお誕生日を迎えることができ、来年は米寿だね、なんてのんびりしていたら二日後に転倒して腰椎骨折し救急搬送・・・。

 今回ばかりは、再起不能となりました。お医者さんの居ない年末年始で、手術もできないし、受けたところで回復の見込みなし。
クリックすると元のサイズで表示します
介護型の病院へこれから先、お世話になることになってしまいました。

一生懸命ヒーリングでエネルギーを送り、痛みや苦しみから解放されるように、父の幸せを願っています。

 

12月はこの数年、毎年何か大きなことが起きています。

パソコンも炊飯器も、パネルヒーターも全部、もっともっと大きな事態にならないために身代わってくれたんですね〜。
クリックすると元のサイズで表示します
こんなことで済むのなら、モノが壊れるくらいは、どぉってこたぁないのだ〜。

高齢の父と、入院中の兄、シュナ君とラーマさんが元気で無事に過ごしてくれるなら。



来年は戌年。

ますますかわいいシュナ君とラーマもどうぞよろしくお願いいたします。


info@animalcommunication-yuinagano.com

人間関係が苦手、うまくいかない、という方もアニマルコミュニケーションカレッジへどうぞ。コミュニケーションの基本からコミュニケーターになるまでの1年間のコースです。

資料のご請求は下記アドレスからもどうぞ。すぐに発送いたします。アニマルコミュニケーター・ヒーラー愉意のカウンセリングも下記からどうぞ。
info@animalcommunication-yuinagano.com



第10期生開講中!

年齢不問・入学は随時できるようになりました。

info@animalcommunication-yuinagano.com

クリックすると元のサイズで表示します
オーラの状態からその子の現在の肉体や体内透視、感情、改善したいことを読み取り、行動学の面からも解析し、直接、語り掛けるコミュニケーションです。*アニマルコミュニケーションカレッジ現役講師によるコミュニケーションです。ワークショップについては5名以上のグループでお申し込み・お問い合わせください。
http://www.animalcommunication-yuinagano.com

info@animalcommunication-yuinagano.com

*ヒーリング、カウンセリングを受けていただいた際に、アンケートにご記入頂き、その際にブログやホームページに掲載してもよいかどうかのご確認を頂いておりますので個人情報保護法に基づき、無断で掲載をしたり公開をするようなことは行っておりません。


本日の食事 クリシュナとラーマ・1日3食

朝食、夕食はドッグフード、炭水化物(焼き麩・玄米)その他フラワーレメディ

夜食(健康維持・扁平上皮癌対応食)

クコの実4粒、棗1個、大根10グラム、キャベツ・白菜80グラム、煮干し4つ、ブロッコリーサプリ2粒、豆腐10グラム、とりミンチ40グラム、豚軟骨30グラム、




2017/12/5

当たり前に考えてはいけないAえ?そうなの?  アニマルコミュニケーション

日曜日はひさしぶりにオーラビジョンで学生たちと一緒に自分のオーラを映像で確認しました。

今回はパープルとライトブルー、グリーンが少しとイエロー。

パープルは毎回出る慈愛、でした。今回はレッドーが出なかったな〜。師匠からも

「あれ?今回レッドが出なかったな」と言われましたが・・・。前回り−ダーシップのレッドが強く出ていたので・・・。

もちろん、練習用の学生によるオーラリーディングにもパープルとかピンクとか出ていました。

初めてのオーラリーディングの練習でオーラが見えるなんてさすが10期生!素晴らしい!

さて・・・

前回の続きです

・・・シュナ君のバリケンネルをラーマが使う…。

これが何を意味していたかというと、うちに子の場合ですが先住犬であるシュナ君の立場をラーマは自分が手に入れた、と思ったのです。
クリックすると元のサイズで表示します

つまり、リーダーは自分。だから、この場所・ポジションに自分が入れるんだ、と。

使い古してボロボロのクッションや3枚おろしにして遊ぶ痕跡のなくなったサンダルも、先住犬のポジションになったんだから自分のもの。

私なら兄弟のお古よりも新しいものを買ってもらったほうが嬉しいけれど、新しく買ったものなど見向きもしない。

シュナ君のものを奪い取りさえすれば、それでいい。

俺がリーダー。

俺がすべて。

シュナ君は全く逆で立場にもこだわらないし、欲しいならあげるよ、と奪われても見ているだけ。物欲なし。食欲は旺盛。
クリックすると元のサイズで表示します

うなって奪い取るラーマを叱ると、シュナ君が私に抗議して「許してあげて!」とやめるまで吠える。そうだったんだね。

シュナ君には何でもないことでもラーマにとっては権力の象徴で、その権力の象徴はシュナ君にとってはどうでもよくて、欲しいんならあげるよ・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

たとえば子供でもそうなんだと思うけど、一人っ子の場合、そこにあるものはすべてお母さんや誰かに買ってもらって与えられたもの、なんだけど、たくさんの兄弟や仲間に囲まれて遊んで育った子にとってはみんなのおもちゃで、みんなの毛布。

お気に入りはそれぞれあるけれど、自分だけのものって感覚がうちに来る直前まで兄弟姉妹と過ごしていたシュナ君にとってはなかったんだ。

ラーマは生後2か月に満たないうちに兄弟姉妹がどんどんほかのおうちの子になって、最後まで残ったラーマは育児放棄された母犬から攻撃を受けたために獣医さんのお宅の離れに一人で過ごす時期があって、その間、いろんなものがラーマのために与えられた。

この環境の差は大きくて大人になった今でも二人に残っている。

クリックすると元のサイズで表示します

だから、何かを与えるときにも、必ず同じものを二つ買って、それぞれに一つずつ与えるようにしています。たとえ、そのうちの一つが無駄になっても、気に入ってもらえずに、見向きもされなくても。鹿の角、破片を飲み込んでも大丈夫な硬質プラスティックのおもちゃ、コング、ボール・・・。無駄になったものもたくさんありますがそれも我が家の二頭には必要なことでした。

今は、元の場所におさまって、小競り合いがなくなりました。

生まれ育った環境も、今ある環境も我が家と似ていても、同じ方法が合うとは限りません。1頭1頭の性格をきちんと知り、コミュニケーションを取ることが何よりも早い問題の改善につながると感じます。

さてと…遊んでないでお仕事しましょう!

遠隔リーディング、本日もがんばります!




人間関係が苦手、うまくいかない、という方もアニマルコミュニケーションカレッジへどうぞ。コミュニケーションの基本からコミュニケーターになるまでの1年間のコースです。

資料のご請求は下記アドレスからもどうぞ。すぐに発送いたします。

第10期生開講中!
アニマルコミュニケーター・ヒーラー愉意のカウンセリングは下記からどうぞ。

info@animalcommunication-yuinagano.com

年齢不問・入学は随時できるようになりました。

info@animalcommunication-yuinagano.com

アニマルコミュニケーター・ヒーラー愉意のカウンセリングは下記からどうぞ。

info@animalcommunication-yuinagano.com

オーラの状態からその子の現在の肉体や体内透視、感情、改善したいことを読み取り、行動学の面からも解析し、直接、語り掛けるコミュニケーションです。*アニマルコミュニケーションカレッジ現役講師によるコミュニケーションです。ワークショップについては5名以上のグループでお申し込み・お問い合わせください。
http://www.animalcommunication-yuinagano.com
クリックすると元のサイズで表示します
info@animalcommunication-yuinagano.com

*ヒーリング、カウンセリングを受けていただいた際に、アンケートにご記入頂き、その際にブログやホームページに掲載してもよいかどうかのご確認を頂いておりますので個人情報保護法に基づき、無断で掲載をしたり公開をするようなことは行っておりません。


本日の食事 クリシュナとラーマ・1日3食

朝食、夕食はドッグフード、炭水化物(焼き麩・玄米)その他フラワーレメディ

夜食(健康維持・扁平上皮癌対応食)

クコの実4粒、棗1個、大根10グラム、キャベツ・白菜80グラム、乾燥キノコ10グラム、煮干し4つ、ブロッコリーサプリ2粒、豆腐10グラム、とりミンチ40グラム、豚軟骨30グラム

2017/12/1

当たり前に考えてはいけない@  アニマルコミュニケーション

8歳のシュナ君と7歳のラーマ。

どっちも男の子で、一般的には5歳を超すと、落ち着きが出てきてわりと物静かな大人っぽさが見え始める。

まったくその陰りがない。

ずっと遊んでるし。

 たまにプロレスごっこから小競り合いに発展し、耳から血を出していたり顔に血がついていたり・・・。

それでもいっつもくっついている。私がどちらかと仲良しをしていると、仲間に嫉妬するのではなく、「とるな!」と猛抗議。だから、まぁ、逆に私が嫉妬するんだけど。

ずっとそうだった。ラーマがうちに来てから。
クリックすると元のサイズで表示します

ところがここ最近、二人の関係にちょっとした変化が見え始めて、これはちゃんとカウンセリングしないとほっておくとまずいよね、って感じました。

そして分かったこと。私はあまりコミュニケーションの内容やカウンセリングした内容、写真はあまり記事にしないのですが、まぁ、自分ちの子のことだからいいかなと思います。

ベランダで遊ばせるとき、ベランダの両隅にバリケンネルを置いていて

先住犬で1歳お兄ちゃんのシュナ君は寝室の横、ラーマは私が普段使っている部屋側になっていました。ラーマが子供だったこともあって

最初から何となく。

それでも、時々、席替えというかお引越しをしてお互いの場所を変えたり、元気がないときには私のそばに置くようにしていたんですが。

時々小競り合いを起こすのもそれが気に入らないんだ、って思っていたんだけど。

ちゃあんとコミュニケーションしてあげればそういうことではなかった。

ちょっと長くなりそうなので続きは後日・・・。

アニマルコミュニケーター・ヒーラー愉意のカウンセリングは下記からどうぞ。

info@animalcommunication-yuinagano.com



人間関係が苦手、うまくいかない、という方もアニマルコミュニケーションカレッジへどうぞ。コミュニケーションの基本からコミュニケーターになるまでの1年間のコースです。

資料のご請求は下記アドレスからもどうぞ。すぐに発送いたします。

第10期生開講中!

年齢不問・入学は随時できるようになりました。

info@animalcommunication-yuinagano.com

アニマルコミュニケーター・ヒーラー愉意のカウンセリングは下記からどうぞ。

info@animalcommunication-yuinagano.com

クリックすると元のサイズで表示します

オーラの状態からその子の現在の肉体や体内透視、感情、改善したいことを読み取り、行動学の面からも解析し、直接、語り掛けるコミュニケーションです。*アニマルコミュニケーションカレッジ現役講師によるコミュニケーションです。ワークショップについては5名以上のグループでお申し込み・お問い合わせください。
http://www.animalcommunication-yuinagano.com

info@animalcommunication-yuinagano.com

*ヒーリング、カウンセリングを受けていただいた際に、アンケートにご記入頂き、その際にブログやホームページに掲載してもよいかどうかのご確認を頂いておりますので個人情報保護法に基づき、無断で掲載をしたり公開をするようなことは行っておりません。

本日の食事 クリシュナとラーマ・1日3食

朝食、夕食はドッグフード、炭水化物(焼き麩・玄米)その他フラワーレメディ

夜食(健康維持・扁平上皮癌対応食)

クコの実4粒、棗1個、大根10グラム、キャベツ・白菜80グラム、乾燥キノコ10グラム、煮干し4つ、ブロッコリーサプリ2粒、豆腐10グラム、とりミンチ40グラム、豚軟骨30グラム



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ