My Yahoo!に追加

2009/3/26


年末に大怪我で入院していた実家の母親がようやく明後日退院することになりました。

4ヶ月はかかるよって言っていたらしっかり4ヶ月かかった。

リハビリ中で杖をついてはいるもののなんとか歩けるようになりました。

入院中は父と兄嫁さんがとにかくこまめに身の回りのことをかいがいしく世話をしてくれたので私はヒーリングでエネルギーを送ることに徹した。

父はげっそりと痩せ、おまけに過労から血圧が上がりフラフラになった。

高齢になると若いうちは夫婦喧嘩したり離婚話の一つも出たりしていても、いずれは頼り頼られる関係になり、絆を深くしていくのだなって思う。

母親の入院中に別の病院に入院していた父親が頭を抱えて泣いている姿を見たときはさすがに声をかけることができず病室の外で時間を潰した。

こういう時は男より女のほうが精神的に強いと感じる。

当の本人はそんなことは全く知らずわがままの言い放題だったけど。

親が70代後半になると生きている間にあと何回、顔をあわすだろうかと考える。
何回が何日になり何時間になる。

一緒に食事をするとすれば何回だろう。

よくて二桁単位。

…面倒がらすに話くらいは聞いてあげなければ。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ