My Yahoo!に追加

2019/3/27

硬いものを噛みたいストレスがピークに達する。  ラーマ闘病記

 このところ、ラーマのことばかり考えていました。

夜中に何度も目が覚めて、痒がってはいないか、おなかの調子はどうだろうか、手足のカジカジは大丈夫か・・・。

 あたしって、こんなに心配性だったんだなぁ・・・。
クリックすると元のサイズで表示します
ブラッシング終了後のカジカジ。

自分のことで眠れないとか、食欲がないとか、全然平気なのに。

悩むことはないけど、考え事くらいはあるし、迷うこともあるけど

サンドイッチマンのコントや中川家のコントをネットで見てると忘れているし、食べ物もおいしいし、よく眠れるし・・・。

でも、こういう飼い主の不安定さも彼らには影響します。

高江洲先生の強力なエネルギーを受けてさらに免疫力と回復力も高めるようにしました。*エネルギー治療はZooMで受けられます。

以前やっていたホリスティックの勉強も再び始めました。

長野のすみへいカルチャースクールの講座でも今回の経験をもとに、動物たちの食について、手作り食のことも少しお話しようと思います。

人間の家族のためには面倒な出汁も丁寧にとり、手作りご飯の原点に戻りました。

クリックすると元のサイズで表示します
きれいになってきた背中の毛

ラーマに食べさせてはいけない牛の犬ガムもジビエのものに変えました。

クリックすると元のサイズで表示します
今のところ何を食べても問題ないシュナ君。

「お母さん、硬いもの頂戴よ〜!」

ごめんラーマ、牛はだめなんだって。豚の骨も駄目だし、チキンもターキーも駄目なんだって。もちろんアキレスも駄目だって。

だから、ラムか馬で探すから、もうちょっと待って。

一昨日からラーマの硬いもの噛めないストレスはピークに達しました。

とりあえず山梨の講座の帰りにペットショップで買った乾燥馬肉を食べさせました。*おいしいからあっという間になくなってしまう。

やっとネットで探したラムの骨。

明後日にはラーマのかわいいお口に入ります。

できることなら北海道のジンギスカン屋さんに骨だけ分けてもらいに行きたい・・・。

*お知らせとご案内
4月15日開講の長野アニマルコミュニケーション講座は前期、後期とあり、遠方の方にも安心の低価格です。

お小遣い程度の料金ですので基礎からじっくり学びたい方のためにぴったりの講座です。

長野市ではすみへいカルチャースクールで開講します。

*長野運動公園の近くです。

電話026ー213ー8005

さらにもう少し詳しい内容は下記をどうぞ!

お申し込み方法

すみへいカルチャーセンターの受付窓口にて受講料を添えてのお申込みとなりますが遠方の方は振込での対応をさせていただきますので、郵便番号、ご住所、連絡の取りやすい電話番号、お名前をお伝えください。途中の回からのご入学の方にも対応いたします。
申込方法につきましては 電話026−213−8005

下記のアドレスにメールをいただいてもオッケーです。
info@animalcommunication-yuinagano.com

そして・・・仲のいいお友達同士のみやグループだけの各地での講座開講も受け付けております。ご相談ください。

よろしくお願いたします。

アニマルコミュニケーター・ヒーラー愉意

info@animalcommunication-yuinagano.com

  ↑こちらからでもお申し込みOK!

長野アニマルコミュニケーション講座への入学希望、また、アニマルコミュニケーター・ヒーラー愉意のカウンセリングは下記からもどうぞ。

カウンセリングはホームページ↓をご覧ください。

http://www.animalcommunication-yuinagano.com

お問い合わせ・お申し込みは

info@animalcommunication-yuinagano.com

オーラの状態からその子の現在の肉体や体内透視、感情、改善したいことを読み取り、行動学の面からも解析し、
クリックすると元のサイズで表示します

直接、語り掛けるコミュニケーションです

*イベントやオフ会での講和、5人以上のお友達同士でのワークショップについてもお問い合わせ、お申し込みください。

http://www.animalcommunication-yuinagano.com

info@animalcommunication-yuinagano.com

*ヒーリング、カウンセリングを受けていただいた際に、アンケートにご記入頂き、その際にブログやホームページに掲載してもよいかどうかのご確認を頂いておりますので個人情報保護法に基づき、無断で掲載をしたり公開をするようなことは行っておりません。写真は一部、無料サイトからのものを使用しています。










トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ