My Yahoo!に追加

2013/5/16

巣作りが成功した  アニマルコミュニケーション

 離れの古い家にはアカバチの巨大な巣をはじめ、燕の巣が毎年いくつも作られる。
そのツバメ夫婦はわたしが巣を補強してカラスや野良猫さんから守るようになってから13代目くらいで、亡くなった舅さんはツバメが巣をつくるとカサで叩き壊す人だったため猛抗議しそれ以来、二度と巣を壊すことをしなくなったため、代が変わっても毎年、帰ってきてくれるようになった。
クリックすると元のサイズで表示します
そして、最近、新しいツバメの夫婦が去年あたりから新宅の玄関の写真のところに何度も巣をつくりにやってくるようになったんだけど、新建材にはなかなか向かないらしく運んだ土が崩れて落ちるばかりだった。

途中まで作ったら猫に崩されたりカラスにケリをくらって落とされたりの繰り返し。

せっかく巣材を運んできたのに巣が壊れているのを見つけた時の燕の表情というと、くちばしにくわえた巣材をポロッと落とすほどショックを受けていて、ボーゼンとした姿が可哀想でたまらなかった。

・・・なので雑だけど、私なりに補強材を張り付けた。
それでも補強材が乾くと緩んではずれてしまうので、気づいたときにはしごに登って補強していたら、すぐ近くで巣材をくわえて待っているツバメの姿を眼にするようになった。

「なんか雑っぽい人だけど、巣を壊すような暴力的な人ではない」と。
「あれでもなかなか、うちら夫婦の子育て支援者なんだ」と、理解してくれているらしく攻撃もしてこない。

はしごから降りて巣から離れると、すぐにくわえた巣材で巣を整備し、2羽が飛び立った。

がんばれ!

「おばちゃんが守るから。」

ラーマとクリシュナも、すぐ上のベランダでカラスや野良猫さんが近寄らないように吠えて守ってくれているよ。

安心していい子を産んでね。


・・・だけど、生乾きのツバメの巣って、近くに行くと、割とクサイことを知りました・・・(笑)

↓ブログ村ランキングに参加しています。ぽちっとよろしくおねがいします。
にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ
にほんブログ村




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ