My Yahoo!に追加

2011/2/24

しのちゃん便り『ちょいと下界を見下ろせば』雲の上より  しのちゃん便り『ちょいと下界を見下ろせば』

雲の上からこんな感じで下界を見下ろしてます。


しのちゃん、みんなに会えた?

はなちゃんや龍ちゃんや、シィ君に伝言を伝えてくれた?

寄り道して遊んでばかりいたら、迷子になるよ。

クリックすると元のサイズで表示します

2011/2/24

ぼくは旅立ったI-5春の陽気を感じながら  アニマルコミュニケーション

昨日の火葬は澄み切った青空が拡がり千曲川にお陽さまがキラキラと輝く春のような天候でした。


花に囲まれたしのちゃんの火葬は私が自宅に戻ってヒーリングしたり、祭壇を作ったりしているうちにあっという間に終わりました。


業者さんから終了の連絡があり家の裏に行くとしのちゃんは真っ白なきれいなお骨と灰になっていました。



尻尾から順に骨ツボに納めて頭蓋骨を最後にいれ、蓋をしようとした途端、ハプニングが…!



春一番のような突風が突然、吹いてしのちゃんの骨ツボが倒れて転がり、お骨が堤防に散り風に舞い上がりました。




わあっ!大変!



風にどんどん舞い上がるしのちゃんの小さなお骨。



業者さんと大慌てで拾い上げて泥を落としながら再び骨ツボに納めました。




業者さんは「すみません!私の不注意でした!」と平謝りでしたが、不可抗力?というかまさか突風で骨ツボが倒れて道端にお骨が散らばるなんて思わないし、予想できないことでしたから、もちろん怒るなんてしませんよ。


…というか…しのちゃん!


やってくれましたね?


ゲージに入れられるのも嫌な子でしたから骨ツボみたいな狭いところに入るのは絶対イヤだって思ったんでしょうね。


風と共に舞い上がりました。


しのちゃん、最期の最後まであなたは愉しませてくれますね。


業者さんはしのちゃんのかわいい爪を私の手のひらに乗せてくれました。

しのちゃんが悩みの種だった歯石のついた歯はなぜか一本だけ焼けずに歯のまま遺っていました。
その二つだけは骨ツボでなく、小さなカプセルの中に入れるようにお願いしました。




しのちゃんが望んでいたように『いつもどこから見ても全部お母さんが見える』ように…。

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ