My Yahoo!に追加

2011/2/11

ラーマくんお迎え行けず。  アニマルコミュニケーション

日本海側の皆さんを苦しめた大雪は長野県にやってきてしまいました。


雪かきをしてラーマくんをお迎えに行こうとシュナくんに約束していたのに、車が走れる状況ではなくなりました。村からでることができません。


いえ、敷地内から車が出せないんです。



獣医さんに電話し、そのことを伝えました。

様子を見てお迎えに行けるなら今日、坊っちゃんが来る…予定です。


しのちゃんに


車が走れなくなったから危ないから中止にしたよ。
お母さんが事故るとしのちゃん困るもんね。

と言うと


「…やめたの…?…そぉ…。…よかった…」


と優しい言葉を返してくれました。


こんな優しい先輩がいるんだからラーマ君は大丈夫です(^-^)

クリックすると元のサイズで表示します

2011/2/10

ぼくが旅立つ日までG-6昼夜逆転生活  志乃ちゃんのメッセージ

しのちゃんは夜中、ほとんど起きていて完全な昼夜逆転生活を繰り返しています。


気温が下がる夜中に限っていつも毛布から出ていて


カラダが冷えるから毛布に入って。


といってもしばらくするとまた毛布から出ているので聞いてみると

「…お母さん…見えない…。」


とカラダの向きを変えてこちらが見えるように寝そべりました。


お母さんもしのちゃんがいつも見えるほうがいいけどね(^-^)




 明日、獣医さんちのボーダーコリーの男の子、ラーマ君をお迎えに行きます。ラーマはもうすぐ生後3ヶ月の坊っちゃんです。


生後半年まで母犬のもとに居させてあげたかったけど母犬が完全に子犬を拒否し六匹いた子犬たちは2ヶ月で養子になってそれぞれのお宅に入り、ラーマだけが最後まで残っています。


シュナくんはまだ見ぬ弟くんに早く会いたくて

「ラーマ」

という名前を聞くたびに甘えたような声で鳴き、あちこちを探します。


ただいまフワッフワの3ヶ月です。

クリックすると元のサイズで表示します

2011/2/9

ぼくが旅立つ日までG-5優しい眼  志乃ちゃんのメッセージ

しのちゃんは一時期の大変だった状況から脱しました。


よくなったわけではないですが安定しています。


昨夜は私がなかなか寝つけず何度も夜中に眼が覚めたのですがふと見るとしのちゃんが私のすぐそばに寝ていてじっと顔を見ていました。


その眼はとてもあたたかくて優しく、きれいな眼でした。


しのちゃん、と声をかけると


「…ん〜。」


と鳴きます。


人間なら確かに私よりはるかに年上だけどなんだか見守られているみたいです。


時々、尻尾で顔をぱたぱたしたりして、しのちゃんのやさしさを感じます。

クリックすると元のサイズで表示します

2011/2/8

ぼくが旅立つ日までG-4あとふたつの…とは  志乃ちゃんのメッセージ

先日、しのちゃんが伝えてくれたメッセージの

「…あと…ふたつの…。」


についてですがふたつについてがわかりました!



それは私がしのちゃんにお願いしたことについてで



私は二月に入ってから


@バレンタインを目標に頑張って生きようね!


ということと



もうひとつは



A猫の日まで頑張って生きてみようよ!



ということでした。



しのちゃんはこのふたつについて考えていることがあるそうで


今のところ



「…ひとつは…頑張って…。」


とバレンタインに向けての生きる意欲を感じさせてくれました。



猫のについては触れず、お雛様や花祭りや子どもの日なんて全く触れずでしたが


少し流動食をはじめていますので一時期よりは激やせが停まっています。


ほとんど水分なので太ることはないですが生命維持をしています。



ただいま温湿布中です(^-^)

クリックすると元のサイズで表示します

2011/2/7

ぼくが旅立つ日までG-4鰹節食べたい  志乃ちゃんのメッセージ

昨日は二人でとてもよく眠りました。


お互いにホッとしたというか爆睡しつしまってしのちゃんの体調変化を見逃さないように一時期おきにタイマーにしているのですが三時過ぎにお水を飲ませたあと私の意識はなくなってました(苦笑


眼が覚めたのは六時前であわててしのちゃんの呼吸を確かめました。

「にゃあ」


よかった^ロ^;


おはよう。
体調はどう?


「大丈夫…。」



なんか…今朝はずいぶん体調がよさそうで眼がしゃんとしています。
時々立ち上がってみたり、座ってみたり…。


まさかまた…前兆ではあるまいな…?


「…鰹節…食べたい……。」



ええええっ(@_@;)
か…鰹節?

大丈夫かなぁ…。



でもまぁ本人が食べたいなら…。
でもノドに詰まるといけないからかつおだし飲ませてみよう。


注射器でかつおだし…。なんか変だけどまぁ、いいか…。


まず数滴から。


しのちゃんどう?


(ごくごくごくごく)

そうですか。そうでしたか。かつおだしをねぇ…。
じゃあもう一本(注射器)飲む?


(ごくごくごくごくごくごく…)



もうちょい飲む?


「…いらない…ぷいっ」


やっぱり匂いで食欲っていうのは目覚めますね。


その後も今日は元気なんです。


また波が来る前兆だと思いますが要求してもらえるのは本当に嬉しいです(^-^)
今はこんな感じです。

クリックすると元のサイズで表示します

2011/2/6

ぼくが旅立つ日までG-3待っててくれました。  志乃ちゃんのメッセージ

八時前に帰宅できました^ロ^;


小淵沢は小雨で車で自宅に向かう途中の野辺山からは雪になりはじめていました。


ドキドキしながら部屋の電気をつけて


しのちゃん…お母さん帰ったよ。


と声をかけると毛布のなかから小さな返事が聞こえました。


…よかった、しのちゃん無事だったね^ロ^;待たせてごめんね。帰ったよ。ただいま(^-^)


「…お母さん…帰ったの…。」


しのちゃんは少し目やにが出ていました。


顔を拭いて温湿布をしました。


今日の授業のことや受講生さんと話したことや代表のお話についてのこと。


しのちゃんは間接的にカレッジの受講生さんだもんね(^-^)


とりあえずしのちゃんが無事でよかったです(^-^)
ご心配くださった皆様ありがとうございました。


今夜もしのちゃんと一緒に眠ります。

クリックすると元のサイズで表示します

2011/2/6

しのちゃん電車に乗るからね。あと三時間  アニマルコミュニケーション

授業が終わってホームに立つと急にしのちゃんが心配になる。


あと三時間!


しのちゃ〜ん、あと三時間で帰るからね〜!


…天気予報は小淵沢雪だって(ノд<。)゜。

2011/2/6

ぼくが旅立つ日までG-2あとふたつ…。  志乃ちゃんのメッセージ

昨日の夜も何度も起きて小さな鳴き声を発していたしのちゃん。


抱っこしてお水を飲ませ、温湿布をし、落ち着くのを待ったけどなかなか眠らない。



しのちゃん、お母さん、明日は夜には帰るけど一日一人で寝ていられる?
お母さんのこと待っていてくれる?


「…。」


ぼんやり見ています。

絶対八時には帰るから、また一緒に寝ようね。


「…ふたつの…。」


え?
ふたつ?


「…ふたつ…あとを…」


ふたつあとを…?


月曜日のことか…?
二世代のこと?


それとも水をあとふたつボウルに入れるのか…(あたしってこんなときって自分の子となると、集中力散漫でリーディング力が弱いなぁ…。)


ダメだめ駄目。悪いふうに考えずとりあえずお水をボウルにふたつ用意しておこう。

(しのちゃんは自分で飲まないので部屋の湿度を保つために加湿しています。)


あとふたつ…。
ふたつあとを…。




昨夜はオーラを仕上げなければならなかったのであとふたつの意味がわからないまま仮眠して家を出てしまったけど、帰宅するまでにもう少しリーディングをしてみよう。



「…ふたつ…あと…」

しのちゃんの「ふたつ」って深い…。

クリックすると元のサイズで表示します

2011/2/5

ぼくが旅立つ日までG-1夜中は鳴いてばかり  志乃ちゃんのメッセージ

昼間はほとんどぼんやりぐったりで毛布に潜って寝ているけれど、昨夜は二時間おきに鳴いては水を飲んでいました。


再びおしっこも出るようになりました。


でも元気なわけではなく寝ていてもなんだか身の置き所がないというか…



「寝床にうまく身体が納まらないという感じ…」


らしい。
わかるなぁ、その感じ。


何度も何度も寝返りばかりうって、それでもうまく納まらなくて寝付けない、みたいな。


それでも日曜日に私がカレッジのお仕事に出かけるから、大丈夫かと聞いてみたらしばらく考えて


「…日曜日…帰るの…?…夜…大丈夫…。」


うん、夜には帰れるよ(^-^)事故らないように運転するね(^-^)


…そう…。」


しのちゃんに早く会いたいから。
だから夜は一緒に眠れるよ、安心していいよ。お母さんがついてるから。


あたたかくなったから凍結はしているけど雪の心配がないし夕方の特急なら自分で運転して早く帰れるし。
昼間に眠っていてくれるから


しのちゃん、いつも待たせてばかりのお母さんでごめんね。

クリックすると元のサイズで表示します

2011/2/4

ぼくが旅立つ日までF-10差が激しい  志乃ちゃんのメッセージ

一時的に元気になると次に悪くなるときの落差が激しい。


先日、立ちあかったり歩いたりしていたのがウソみたい。


昨日と同じに今朝も寝たままでした。


昼間はずっと寝ていて夜はほとんど起きています。


だから元気になっても次にはその前より悪くなっていくのであまり喜べない。


一つ乗り越えればバレンタインだったり猫の日だったり桜が咲いたり子どもの日があるし、そうしたらまた夏も秋も冬も…全部乗り越えて、結局一年間頑張ったね!なんてことにならないかな〜、なんて都合よく考えたりして。





しのちゃんは明け方になると時々小さな声で鳴いてはわずかにお水をなめますが以前のように注射器から飲むことはありません。


私と向かい合って眠っていますがふと気づくとじっと顔を見つめています。


「…お母さんのこと……忘れないように…忘れない…。」



ありがとう。
お母さんも絶対忘れないよ。



そういえば亡くなる前によく龍ちゃんも同じこと言ってくれたなぁ…。





しのちゃんは今、アロマで関節やカラダの痛みを悪化させないように温めています。


お風呂にはいってるみたいに温かいね、しのちゃん(^-^)

痛みが取れるといいね(^-^)

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ