My Yahoo!に追加

2011/1/14

ぼくが旅立つ日までC-18体調さらに悪化  志乃ちゃんのメッセージ

今日は今までで一番最悪の体調です。


いま、私はしのちゃんを膝に抱いています。

猫は機嫌のいいときにノドを鳴らしますが体調の悪いときにもノドをならします。



いま、しのちゃんはノドを鳴らせています。


呼吸は浅くて弱く、少しでもカラダを動かすと低い声で唸るような鳴き方をします。


前足にチカラを入れて緊張し、時々ビクンと痙攣をしています。


昨日までのように一時的な波かもしれないとも思いました。



今日はお水もあまり飲みません。


毛布の中に入るのも嫌がります。


横になるのが苦しいんです。



いまようやく膝の上で落ち着いてきました。


このまま今夜を乗り越えてくれますように…。

クリックすると元のサイズで表示します

2011/1/14

ぼくが旅立つ日までC-17コワイ…  志乃ちゃんのメッセージ

掃除をしていたらしのちゃんが毛布からお尻を出してパニック状態で絶叫していた。


どうしたの?しのちゃん!



「…お母さん、コワイ。コワイ!」



毛布からフラフラと這い出して、私の両膝の間に頭をもたげて寝そべった。



大丈夫、大丈夫。お母さんが居るから。
コワイ夢見たの?



「…ううん、カラダが滑り落ちるからコワイ」


しのちゃんは毛布に爪を立てていて爪が折れるといけないから切ろうかと思っていたんだけどもう少しあとにします。


怖いものを感じないようにチャクラを整えたら落ち着いたので再び毛布の中に寝かせました。



しのちゃんはまた見えない恐怖と闘っています。

クリックすると元のサイズで表示します

2011/1/14

ぼくが旅立つ日までC-16やっぱり波がきた  志乃ちゃんのメッセージ

二時半頃は体調がよかったのに三時二十分を過ぎた頃から再び鳴き始め、しんどそうにその後は六時前まで鳴いていた。


オムツを変えたけどほとんどタール便は出てなくてオシッコもスポーツドリンクでカラダに吸収されたのか出ていなかった。



お水は朝はほとんど飲まなかったけどカラダをマッサージしてあげると眼を瞑っていた。


私は明け方にどこかとても広くて複雑な神社の中をオムツをつけたしのちゃんを抱いて夫の朝ごはんを作りに帰宅しなければならないとあわてているのに、途中から時代劇の長屋のような建物に入り次々と障子を開けて行くがどの部屋にも大型犬が二頭三頭とオムツをして寝たきりになっていて二人ずつくらい各部屋に老夫婦が座っているという不思議な夢を見ていた。
ようやく迷路から抜けると子供のころに暮らしていた街並みが見えていたが信号が長すぎて焦っているという忙しい夢だった。



初夢は「はな」が出てきてくれた。
しのちゃんを迎えに来たのか、でも夢の中で待っていてというと、違う場所に移動して再び眠ってしまった。



しのちゃんはやっぱり体調に波がありやってくるサイクルは少しずつ短くなってきている。


再び体調がよくなる波に乗れるように観察しなければ…。

2011/1/14

ぼくが旅立つ日までC-15お水飲みたい  志乃ちゃんのメッセージ

昨日から体調がいいしのちゃんが二時過ぎ頃、うとうと眠る私に


「…お母さん起きてる?…お母さん」


と声をかけてくれた。


毛布をめくるとノドを鳴らせてしのちゃんが顔をぐっとあげてくれた。


変な格好で寝ていたので枕をあててやりカラダの向きを変えて


しのちゃんどうしたの?お水飲みたいの?



口元にお水を持っていくと注射器からお水を飲んでくれた。



その後は再び眠りはじめました。



とはいえ、また明け方に急変するかもしれないから安心はできないんだけど。



ずっとこんな日が続いてくれたらと思う…。

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ