My Yahoo!に追加

2011/1/5

ぼくが旅立つ日までB-18缶詰めを少し食べました。  志乃ちゃんのメッセージ

夕方になり、毛布の中でもぞもぞ動いているので様子を見ながら缶詰めを差し出すとスプーンから少し食べました。


今朝はやっぱりタール便が出ていましたが、量はかなり少なく、
お水はよく飲んでくれています。


よく一時的に元気になると言いますが、犬に比べて猫はわりと頑張ってくれる気がします。


しのちゃんは日によって食欲が全くなく、カラえずきを繰り返し、水を吐いてしまうこともあるので、いくらすすめても嫌なときは一切なんにも口にしません。だから缶詰めも毎回たべてくれるわけではないんです。


体調に激しい波があるので、また急激に悪くなることもあります。

でも食べてくれるって本当にうれしくてついブログに書いてしまいたくなるんですよね。

2011/1/5

ぼくが旅立つ日までB-17お母さん!  志乃ちゃんのメッセージ

先ほど毛布の中から急に大きな声で鳴きはじめたから、毛布をめくり


しのちゃん、どうしたの?


と聞くと


「…お尻…お母さん!」


と、もぞもぞ動くのでオムツかとおもってお尻を見ると湯タンポに触れていました。


あ、湯タンポ熱い?


と外してあげるとすぐに鳴きやみました。


ごめんね、熱かったね。もう大丈夫だからね。教えてくれてありがとう。




しのちゃんが教えてくれなければ低温火傷になるところでした。

クリックすると元のサイズで表示します

2011/1/5

ぼくが旅立つ日までB-16今朝も会えました  志乃ちゃんのメッセージ

今朝はなかなか起きないしのちゃんを起こしてオムツを替えました。


声をかけても鳴かないので恐る恐る毛布の端をめくると


「お母さん…」


と…。
意識は朦朧としているはずなのにここにきてしっかり認識できています。


しのちゃんおはよう。また会えたね。


「…うん…朝?」


そう。また1日がんばったね!朝になったよ。また会えたよ。


「…起こさなくてごめんね」


ううん、大丈夫。お母さんトイレに行こうとおもって早く起きたから。


「…そう…。お水ちょうだい…」


はいはい(^-^)
あ、しのちゃん、お母さんね、日曜日帰ってくるからね。
日曜も一緒に寝ようね。


「…そう…」


起きたり眠ったりを繰り返しているので話している最中に眠ってしまうこともありこの後は私が一方的に話し掛けていました。



これまでに見送った龍ちゃん、はな、そしてしのちゃんも私がアニマルコミュニケーションの仕事をしていることが「自慢なんだ」と「お話を聞いてくれるお母さんはかっこいい」といつも励ましてくれました。


仕事が終わると
「うまくお話できた?」
とか
「その子は大丈夫なの?」
と聞いては
「よかったね。」
と労ってくれたりしていました。





毛布をめくるたびに「また会えたね」と確認し、カラダを触り、会話を交わす。


毎日となりに寝ていて、時々、小さな声で鳴くしのちゃんに毛布の中へ手を入れて触れると爪を指に引っかけてギユッと握り返してくれます。


そのまま眠ることもあるし、腕を頼りに毛布の中で少しずつ移動し、私のほうへ近づいて甘えてくることもあります。




しのちゃんの毛布のなかには直接、湯タンポが触れないようにクッションを入れてそのうえに湯タンポを置いているのであまり動くと毛布がズレてしまいしのちゃんのカラダは冷えてしまいます。


夜中に何度か起きて毛布をかけなおし、しのちゃんの体調が急変していないか確認し、再び、隣で眠りますが、お互いが動くたびに眼が覚めるのでしのちゃんも熟睡することはできないでしょう。


時々、シュナくんのお散歩に出たり、仕事をしたりしてお互いを束縛することがないように距離を保ちながら毎日を過ごしています(^-^)

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ