My Yahoo!に追加

2011/1/4

ぼくが旅立つ日までB-15立てなくなった  志乃ちゃんのメッセージ

この写真は今日の三時頃のものです。わりとしっかりしていて毛布をめくってもパニック状態にならず、お水を飲んでしばらくお話をしたりしていました。少し暑そうだったので湯タンポをはずしました。ご機嫌で寝返りをうっては私に近づいて一緒に寝転んだり、仕事をしている私の横でキョロキョロとあたりを見回していました。


久しぶりにかわいいお顔でした。



先ほどオムツを取り替えると三度目のタール便と粘血便の混ざったものが出ていました。



お水はたくさん飲んでるのにおしっこはなくてタール便のみです。



そして…。


いよいよ立てなくなりました。


立つというか腹ばいにもなれず横倒しに寝ているだけです。



いつもはカレッジの日は仕事で夜遅くなるからホテルを予約しているのですが、今回はなんとしてでも帰るつもりでキャンセルしました。



正直言って日曜まで私のもとに居てくれるかどうかわかりません。

呼び掛けると小さな声で鳴くだけです。


コメントのおかえしができなくなりそうです。一方的なしのちゃんの記録になりますがお許しください。

クリックすると元のサイズで表示します

2011/1/4

ぼくが旅立つ日までB-14再びタール状の…。  志乃ちゃんのメッセージ

毎日が一喜一憂です。

やっぱり二回目のタール便が出ました。


意識はしっかりしているし口元に注射器の水を差し入れたらお水は飲みます。


あとスープ状の缶詰めも少しくらいは飲みます。


でも吸収できるかといえばそうではないんですね。


今朝、高栄養食を飲ませて、またタール便が出るかまたは完全な下痢になるかのどちらかとは予想してましたが…。


タール便でした。


回復するとか、また元気になるとかいう段階でないことはわかってます。


龍之介のときには水は自分で飲んでいたから2ヶ月はもちました。


最期まで頑張って自立した猫でした。


しのちゃんは急激に弱りはじめたから…っていっても治療は三年前からだからよく頑張ってきたのはもちろんだけど、奇跡の復活をおこしたしのちゃんだけになんだかもう一度復活するような期待をついしてしまって…。


頭ではわかってるけど私も1飼い主です。


やっぱりね…わかってはいるけど離れがたいんですよ…。

2011/1/4

ぼくが旅立つ日までB-13高栄養食  志乃ちゃんのメッセージ

今朝はお水と高栄養食の粉末を水に溶かせたものを(かなり薄い)注射器で飲みました。

高栄養食はもしかしたら早かったかもしれませんが、体力が少し戻りつつあるかのように見えるので水分とともに飲ませてみようと思いました。


最初は嫌がりましたがその後は注射器から飲みはじめました。


結果がどう出るかはわかりません。


でも年明けのカレッジの授業もあるし、もし少しでも体力が戻ってくれるなら病院に1日入院し翌朝、お迎えに行くこともできるのでなんとかならないかなぁ…と。


しのちゃんの恐怖心を考えたら病院より自宅のほうがいいんだけど…。


うーん…どうしよう…。


しのちゃんはどうしたい?



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ