My Yahoo!に追加

2011/1/2

ぼくが旅立つ日までB-10やっと水を飲んだ  志乃ちゃんのメッセージ

しのちゃんが明るいと怖がるので暗い写真です。


あんまり水を飲まないから昨日から注射器で口の横から水を少しずつ与えていました。


ずっと拒否されていたのが、先ほどようやく数滴の水を飲んだことをきっかけに自分からカップのお水を飲んでくれたんです。


しかもかなりの量です。


湯たんぽ入れた毛布の中では脱水するのにずっとノドが渇かなかったわけがないんです。


水を飲めばオシッコも出るし、少しは安心です。


もうカラダはガリガリで骨と皮だけになりました。


水だけでも体力はある程度維持できます。


しのちゃん、お水を飲んでくれてありがとう!


なんて思っていたらまた恐怖感が押し寄せて大あわてで毛布のなかに入りました。


お水に夢中になっていたのにふとわれにかえるとやっぱり怖いんだね…。

クリックすると元のサイズで表示します

2011/1/2

ぼくが旅立つ日までB-9うでまくら  志乃ちゃんのメッセージ

三時半ころになって私のお布団に入ってきてくれた。


お水も飲まないからオシッコも出ない。


ただ大きな鳴き声で這うように前進したり後退したり。


カラダに触れたらノドを鳴らす。


朝まで私の脇に体を入れて肩に顎を載せていました。


ずっとこうしていたい…。


と一眠りしたら6時ちょうどにしのちゃんが目覚ましのお仕事を果たしてくれました。


この数年、目覚まし時計の代わりに私を起こしてくれたしのちゃん。


こんなになっても自分のお仕事をちゃんとやってくれるんです。

クリックすると元のサイズで表示します

2011/1/2

ぼくが旅立つ日までB-8オムツがはずれて  志乃ちゃんのメッセージ

水もごはんも一切を口にすることなく、昨日の夜はオシッコが少しだけ出ていました。


オムツを替えてからしばらくすると鳴き始め、落ち着いたかと思うとまた鳴きます。


湯たんぽのお湯を変えて再び毛布のなかに手を入れしばらくしのちゃんに触れていました。


そのままうとうとすると鳴き始めたのが日付がかわる頃でほふく前進するようにはい回り、なかなか落ち着きませんでした。


照明が明るいと逃げまわるので、ナツメ球の灯りを頼りに毛布をめくるとオムツがはずれてしまい、後ろ足にひっかかっていました。


気持ちが悪かったんですね。


もうほとんど会話は私からの一方的な状態でイヤかどうかの確認程度しか会話はできません。


あんなにコミュニケーション上手なしのちゃんは感情のコントロールがすでにできなくなっています。


オムツをきちんと直してテープでとめると落ち着いたのか再び眠りはじめました。


日に日に体がちいさくなって腰から下は片方に傾いて背骨が湾曲したかのようになってしまい、床擦れにならないように寝返りをうたせたいけどそれすらできません。


毛布のなかで再び体を撫でているとようやく眠りはじめました。


現在1時54分。


1月2日を迎えることができました。


しのちゃん、また眼が覚めたら会おうね。


夜が明けるまでゆっくりおやすみ…。

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ