My Yahoo!に追加

2010/10/14

「長野ワークショップ最終回は高江洲先生のレクチャーです!」  お知らせ、ご案内

◆「動物たちの心の声を聴こう」
九月に「Dr.高江洲のアニマルコミュニケーション」を出版された日本のアニマルコミュニケーション第一人者で獣医師である高江洲薫先生により生み出されたアニマルコミュニケーション。

そのコミュニケーションとメソッドを雄大な八ヶ岳の麓で直接、体験することができます。

★長野、山梨地区ではめったに体験する機会がない貴重なレクチャーの回です。
野辺山高原の大自然のエネルギーのなかで一緒に感動体験をしましょう!


☆日程(最終回)
第三回11月2日

☆時間
午後1時30分〜4時30分
☆場所
高原旅館 野辺山荘
長野県南佐久郡南牧村野辺山693
JR駅最高地点・野辺山駅より徒歩2分

☆費用
第3回15000円

☆講師
日本アニマルコミュニケーション協会より高江洲代表と講師スタッフ来訪

☆主催
日本アニマルコミュニケーション協会
☆協賛
たかえす動物愛護病院
■お問い合せ・お申し込みは…。
アニマルコミュニケーション愉意(由井)
電話0267-97-3667
jap-yui-animalcommu@galaxy.ocn.ne.jpまでどうぞ。

クリックすると元のサイズで表示します

2010/10/14


最近食欲があり缶詰めがすぐになくなるのでしのちゃんの缶詰めを買いに病院へ行きました。

すると獣医さんが

「ちょっと視てもらいたい不思議なねこちゃんがいるんだ」

というので会ってみたら…。

なんとも可愛らしい人懐っこいねこちゃんがゲージの中で座ってました。

金眼銀眼で真っ白な体…。でも…あれ?

なんか違うみたいな…。なんだろう、この不思議な感覚は…。

「…嫌なの…。」


あ!この子、喋ってくれる!


ちょうど獣医さんがその場から離れた瞬間にねこちゃんが話しはじめました。


アニマルコミュニケーションははっきり話す子もいるけどたいていはイメージを伝えてくれる子がほとんどでしたのでこのねこちゃんのお話を聞いてみようと思いました。


詳しい内容はねこちゃんがせっかく話してくれたことなので書きませんが、カラダの部分にある「特徴的な痛みのことと家庭環境がガラッと変わり順応できないこと、そして家族が自分の病気をきっかけに自分を手放そうとしていること、自分の病気は治らないのかどうか?」ということでした。


エネルギーの状態は不安定さはあるけれどさほどくすみや濁りがひどいものではなかったので、ねこちゃんにそのことを伝えました。

獣医さんにも詳しい話はしませんでしたがどういう感じかということを伝えると


「やっぱりなぁ…うん、そうなんだよね。奥さんもそう言っていたんだ…。やっぱりそうだったか〜。」


とおっしゃいました。

この獣医さんは以前、

「愉意さんと知り合ってから動物のきもちがわかるようになって辛いことが多い」


とおっしゃった獣医さんで、最初は感じたくない辛いことばかりだったけれど今では日常の診察でも動物さんと当たり前のようにコミュニケーションを取り入れて診察をおこなっていらっしゃいます。



動物病院にアニマルコミュニケーションのできる獣医さんや看護士さんがいることで動物さんにとってどれだけ不安や恐怖から解放されるかについて私の師匠はいつも話されますが私も本当にそう感じます。


入院して医療器具の音や動物たちの鳴き声を聞いて慣れないゲージの中で震えている動物さんが獣医さんや看護士さんの言葉で安心し癒されて治療を受け、心身ともに元気になって飼い主さんのもとに帰っていけたら本当に素晴らしいことだと思います(*^_^*)


きっとコミュニケーション上手な不思議ちゃんも動物さんの気持ちを大切に思う優しい獣医さんによって癒され、元気に飼い主さんのもとに帰っていくことだと思います。



今日も食欲旺盛のしのちゃんは缶詰めをたくさん食べてお腹一杯、ただいまお昼寝中です(*^_^*)

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ