My Yahoo!に追加

2010/1/26

しのちゃんの病気@しんどい  アニマルコミュニケーション

ご心配をおかけしております。

しのちゃんは昨日の夕方の電話で検査結果が来週になるためとりあえず自宅で様子見することになりました。

獣医さんは今回、いつも行く本院で『はなの最期』にお世話になった若い獣医さん。

院長仕込みのわかりやすく丁寧な説明と優しく親切な診察をして下さる素敵な獣医さんです。

しのちゃんもリラックスすることができました。

で…病状としては甲状腺機能障害の疑いが非常に強いということ。心臓に問題があり腎機能の低下…肺と胸膜の癒着があり片方の肺が小さく、胸膜に水が溜まりやすい、肝機能低下、その他諸々。

いくら外見は元気でも高齢になるとさまざまな疾患や病気は検査によって数値に現れます。どれも微妙に数値が高めではありますが、深刻な状況ではありません。
ある程度は薬で進行を遅らせます。

『エコーやレントゲンや血液検査しなければわからない変化によく気付きましたねぇ?』
と褒められた。
微妙…。

いまはぐったりして眠っています。

高齢だしどんどん病気はこれから増えていくと思います。

病気とうまく付き合いながら、後悔することがないようにしのちゃんとの時間はこれからも大切にしようと思います。
クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ