My Yahoo!に追加

2010/1/10

失敗を経験として何を学ぶか  アニマルコミュニケーション

ちょっといつもの私らしくない真面目なタイトルですがたいしたことは書いてません^ロ^;

いま、ヒーリングカレッジのスタッフとしてお仕事をやらせていただいてますが、受講生の皆さんのオーラや解析を見ていると自分の受講生のころを思い返します。

オーラリーディングで初めてクライアントさんをお迎えしたときのあの緊張感や焦り。

そしてカレッジでモデルさんのリーディングするのと違って、1対1でプロとして向き合ったデビュー戦。

もう、倒れそうになるくらい必死でした。

落ち込んだり迷ったり、もう逃げてしまおうか…と卑怯なことを考えましたね。

でも、いまこうやって続けていることや、人嫌いだったのが少しずつ改善されてきたことを思うと、もっと受講生のときに楽しめばよかったなぁ、と思うんです。受講生のときならわからないことはすぐに聞けるし失敗したり躓いても教えてくれる先生が居ましたから

でもプロでお仕事をするときは自分の経験から学んでいかなければ隣でアドバイスをくださる師匠は居ません。

自分の失敗や落ち込んだり迷ったりしたことは実はとっても大切な勉強なんですね。そしてその勉強をいつ活かすかは自分次第なんですよね。

もしも今日、うまくいかなければいつかのためにそれをひきだしにしまっておけばいいのです。

ネガティブをポジティブに変えていく…。

それを楽しめる人が素敵ないろんな職業のプロになり、ヒーラーやコミュニケーターになれるんじゃないかと思うのでした。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ