My Yahoo!に追加

2009/8/26

お母さんのなまえ  アニマルコミュニケーション

病院に行くと「愉意はなさん」とか「はなちゃんどうぞ」って呼んでいただきます(*^_^*)

ある時、ふと、はなに聞いてみた。

はなの名前が愉意はなって知ってるよね?

「知ってる。はなのことやん。」

うんうん(*^_^*)
じゃ、お母さんの名前はわかるかな?

「…うん(゜_゜)(。_。)」

あれ?ホントに知ってる?

「…お母さん」

…。それは呼び名だね?呼び名っていうのも変だけど。名前はわからない?

「えっとね…。えっとね…。愉意、お母さん」

あ〜。間違いではないかな…。
ま、いいか。漢字書くわけじゃないもんな。

改めて「お母さんの名前はね…。」

と繰り返し教えた病院の帰り道でした。
*しのちゃんも知らなかったそうです(Тωヽ)
クリックすると元のサイズで表示します

2009/8/26

はな術後の経過5「検査結果」  アニマルコミュニケーション

はなの検査結果が出ました。

腕の腫瘍は扁平上皮癌お腹は乳管上皮の癌です。腕の腫瘍は全て取りのぞくことができていますが乳管の癌はすでに侵潤がみられるてのこと…つまり悪性で転移があるだろうと。リンパにはもう転移していることは後ろ足の急激なふらつきや前足の震えから見てもなんとなく予想できていました。

私は他にも転移があるように思います。

わずか数ヶ月で視力が低下し鼻先まで近付けなければごはんの場所がわからない。鼻が利かなくなっています。また味覚が鈍ったことも…。

再手術でもう一度お腹を開くという方法もありますが、ただでさえ自分で体を支えられなくなっているのに再手術で動けなくなるのがわかっていて、繰り返し、その後に抗がん剤を続けるとすれば体力は保ちません。

食欲はないわけではないけれどこのところ殆ど寝てばかりで少量の缶詰めで食事を終えます。

だとすれば、転移した箇所はそのまま残して、抗がん剤を使ってヒーリングで吐き気や苦しさを和らげるほうがいいなぁって思います。

もし肺に早いうちに転移したとしたらかなり呼吸が苦しくなることはわかっています。

先のことばかりネガティブに考えるより前向きに見守ってあげたいと思います(*^_^*)

となりの部屋には数日前から黒いマンチカンの男の子が入院しています。生後3ヶ月くらいだけどすごく小さくて眼と鼻に癒着がありわずかにしか見えません。お鼻は鼻腔がつまっていてにおいがわかりません。だからペットショップから除外されました。いま病院で過ごしています。病院で暮らすようになるらしくママはいません。生まれたときから重い苦労を背負ってきたけど、一生懸命に生きています(*^_^*)

がんばれ!闘病中の動物たち!

頑張ろう!みんな!
クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ