My Yahoo!に追加

2009/8/20

最高裁判官判決事例は大切な問題ですよ  アニマルコミュニケーション

今度の選挙のときに最高裁判官を選ぶという難問にぶつかってます。

誰がどの裁判でどんな判決を下したかをネットで調べたりしています。

冤罪なのに有罪で刑務所に入らなければならなかった人や有罪なのにものすごく軽い刑で終わった人がいたりして、テレビや新聞で流れてる内容に踊らされてしまってうのみにしてることってすごく多いんです。

私個人としては、誰を選ぶかまだ決めかねていますが、動物を虐待したり生命を脅かすような事件をおこした人が、あまりに軽い処分しか受けないのがやっぱり納得できません。

しかも器物損壊だなんて、なんだか血の通った表現じゃないですよね。

ちゃんと判決を下す裁判官であってほしいのです。
私はヤフーの検索で最高裁判官の事例を読みましたが、ん〜。いまいちよくわからない。冤罪じゃないの?って感じた裁判の裁判官については、あきらかに私はバツですけどね。

コメントもいくつかありましたので参考にはさせてもらいますが、詳細を記録したようなサイトってどこかにないんでしょうかね。

どなたかご存知の最高裁判官判決事例がかかれたホームページご存知ないですか?

2009/8/20

あっちもこっちも  アニマルコミュニケーション

はなは明日が退院です。はなのゲージの左となりにもゴールデンが入院してました。
はなにお見舞いしているとそのわんちゃんが起き上がり「僕はいつ帰れるか聞いてくれない?お父さんは今日は来ないの?」と話し掛けてきました。

はなのゲージの真上には毛足の長い猫さんがエリザベスカラーをつけて寝そべっていて前足を延ばしてきました。

あなたはどこが悪いの?と聞くと
『わからないけど手術したの。』
と教えてくれました。

おそらく避妊手術ではないかと思いますが私が話し掛けていると新人の受付の看護婦さんがこちらを見ながら少し笑っていました。

変な人だと思われたんでしょうね(≧▼≦)

アニマルコミュニケーションはまだまだテレビの中の創られた世界のように思う人がいるんですよね。

ですが、たとえゴールデンのわんちゃんにも猫ちゃんにも少しでも、話してあげたらちゃんとわかってくれることなのです。

飼い主さんから離れてゲージの中で治療や手術を受けることは動物たちにとって不安なことばかりです。

はなには残念だけど明日までもう1日入院しなければならないからちゃんとエネルギーを送ることを昨日の説明に付け加えて話しました。

帰りぎわに入院しているわんちゃんや猫ちゃんにも挨拶をしました。

また明日、会おうね、みんな(*^_^*)

また明日ね、はな。
必ず迎えに来るからね(*^_^*)
クリックすると元のサイズで表示します

2009/8/20


いま、入院先の病院にいます。前足の腫瘍はやはり広範囲でした。

お見舞いコメントやメールをいただいた皆さん、ありがとうございます。手術は無事に終わりました。
毛がりをして切除した前足の写真はちょっと豚足みたいになってましたがいまはゲージのなかで包帯にまかれてました。お腹の腫瘍もきれいにとってもらって今朝はカリカリを食べたあと、少し吐いたようです。
これから先のことはまだまだ考えたくありません。とりあえず、今回の手術に耐える体力があったことが幸せだと思います。

今日退院してもよかったけど点滴も受けなきゃいけないから、もう1日入院します。

明日の午後、退院することにしました。

立ち上がって帰るつもりでいたはなでしたが牛乳パンは明日の退院祝いになりました。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ