My Yahoo!に追加

2009/5/9

躍動感溢れる写真……  アニマルコミュニケーション

躍動感溢れる写真とは…。

こんなふうに拳をあげて…

無理やり。

それでも起きない忍。

躍動感という発想はどこから…?
クリックすると元のサイズで表示します

2009/5/9


4月24日に「いなくなった」というタイトルでブログを書きました。

地区の班長さんの奥さまは私の自宅のベランダから見える場所にわんちゃんを飼っていらして、私が花の水やりに出るたびにそのわんちゃんが尻尾をふって挨拶をしてくれていたんです。

そのわんちゃんの飼い主さんである奥さまが公民館会費を集金に来られたので、
「あの…わんちゃん亡くなったんですか?」って聞いてみました(ドキドキ)

すると、お家の人が畑に出たりたまたま全員が留守だったときに帰宅したら亡くなっていたそうです。

亡くなる3日くらい前に腰がフラフラしていたけれど高齢でもあったので心配していた矢先の突然のことでした。

鳴き声を聞いていたのは私だけでした。

わんちゃんが農家のこれから忙しくなる時期を前に亡くなったことは飼い主さんに迷惑をかけないようにするための意味があったことです。

思い出させてしまって奥さまを涙ぐませてしまったけれど13年間の暮らしはたくさんのおもいでがあり、幸せなものだったのです。

わんちゃんはたくさんのおもいでと共に先代のわんちゃんと並んで庭に埋葬されたそうです。

今日は偶然にも朝からわんちゃんの埋葬の話題で大切なクライアントさんとメールのやりとりを行ったばかりでした。

う〜ん…

こういうことはやはりたくさんの意味があり気付きがあるもんなんだなぁ。

春は多くの命を育み、出会いがあるけれどたくさんの別れもありますね。

奥さまは農業の忙しい夏が過ぎたら新しい出会いを願っているそうです(*^_^*)



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ