My Yahoo!に追加

2008/6/2

お〜い!大丈夫かぁ?  アニマルコミュニケーション

確かにこの数日はさむいんですけどね。

紅葉が間違えてます(苦笑)

大丈夫かぁ?
クリックすると元のサイズで表示します

2008/6/2


この数日、すこしもかまってやれなかったはな。

お買い物ついでにドライブ〜(^-^)

しばらくしたら小雨が…。だけどご機嫌♪

「ドライブ最高〜っ!」
クリックすると元のサイズで表示します

2008/6/2


長生きの家系だと思う…動物さんたちを含めて。

実家の父方のお婆さんは明治42年生まれで一世期を生き抜きました。

ひいお婆さんも私が中学生くらいのときに亡くなったけど確か103歳になっていたと思う。
この家系では他の兄弟や姉妹は早くに亡くなり、女系が長生きしています。

一昨日、実家から「お婆さん、もうダメ」の連絡をもらいました。

このニ、三年のうちにはなんども危篤になっては復活し、どうせまた甦るから大丈夫と思っていたんだけど、今回は確実な心停止でした。なんだかまだもう一世紀くらい生きそうなくらいに元気だったので亡くなったという実感がまったくないんです。

長野に来てからずいぶんたくさんのお葬式や法事に出るようになり、ご不幸のお手伝いについてはかなり勉強させていただきました。

孫の立場で葬儀を見ていたけれど叔父・叔母である息子や娘としては「ここまでやってもらえば充分だ」という気持ちは持てないのだろうな、と思う。
私ならこうしてあげた、こんなこともしてあげたかった、という気持ちになるのだろうな、と思う。

きっと送る立場は一年くらいしてから、例えば他所の葬儀を見て「こうしてやればよかった」と気付くんだと思う。

兄のお嫁さんや従姉妹夫婦もずいぶん力を貸してくれた。感謝してもしきれない。

温かみのあるいいお葬式だった。

私の親父にしてはよく頑張った、なかなかやるやん、と、本当に思える葬儀だった。

昨夜、帰宅致しました。
今からパソコンメールチェックです。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ