My Yahoo!に追加

2006/7/14

はなの「痛いねんD」  アニマルコミュニケーション

ひだり前肢の傷はずいぶんよくなった。あいかわらず抗生物質の錠剤と消毒、軟膏は続けている。二回目の通院のとき、はなは顔の右側にできた(髭穴大)直径1o前後の小さなイボをとった。凍結手術。少し高いように思うが痛みがないので(人間にも皮膚科専門医では行われている)簡単で安全な方法です。毛刈りをして傷口のカサブタがとれたら、その後の経過を見て…ということだったのですが。今日、また左の頬に発見。昨日は気付かなかったのに。腫瘍には切って取り去った数日後に、肉眼で大きくなったことが確認できるほど細胞分裂の激しいものがある。7倍の分裂を繰り返すと聞いたことがあるが、さらに烈しさをまし急激に成長してゆく。三日後、再び凍結手術をお願いする。これから先、何度繰り返すかわからない。スクワラミン(バーム)を使ってみようかと検討中。この先、どうなっていくのか考えたくはないが、常日頃から体をさわってあげることが本当に大切だと思う。
クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ