My Yahoo!に追加

2006/5/31

Cはなちゃんもがんばろうね!  アニマルコミュニケーション


 2002年の年も暮れクリスマスも、なんの行事もなく年末か
ら、夫に、はなちゃんの食事等をしつこいくらいに細かくた
のみ、猫のウンチの世話までメモして、実家から長野につれ
てきた老犬と共に車で大阪まで。この老犬はこの当時、20年
目を経過していて老齢性の転移性皮膚ガンで他の家族での
世話が無理だった。
 いつも傷口がざくろのようにパックリと割れて血がにじみ
湿潤し、悪臭を放っていたためハエがたかるのです。もし、
傷口にウジが湧くとさらに悪化してしまうと、処置が出来な
くなってしまう。(皮膚がんは18年を過ぎたころから左の
耳の付け根にイボのように発症。高齢のため、リスクを考え
て手術不可能と判断)はなちゃんよりもこの時点では老犬リ
キのほうが心配だった。大阪へは夫が運転をしてくれた。私
はずっと後ろの座席でリキをバスタオルでくるみ、赤ん坊を
ひざの上に抱くように座っていた。
 トイレもガマン。食事はコンビニで、サンドウィッチとお水
だけ。出来るだけ、リキへの体の負担をかけないようにほと
んど、ノンストップで実家へと向かった。
 夫は翌日仕事があるため、日帰りで長野へと戻った。実家
では両親がリキを待っていた。もう、ほとんど、自分で立つ
ことも出来なくなったリキを暖かいストーブの近くに寝かし
傷口の消毒と、オムツを交換し、体のヨゴレを拭いてマッサ
ージをしてやるとわずかにシッポを振って眠りについた。時
折、夜中に発作が起きて体を大きくそらせて悲鳴に近い鳴き
声で飛び起きる。こんな日を実家で数日過ごし、また、長野
に帰り着いた。家に着くと、はなちゃんが出迎えてくれた。
(このころは、まだ、アニマルコミュニケーションについて
の知識が浅く、持っていた本で自分なりの言葉かけをしてい
ました。)「ごめんね、はなちゃん。リキちゃんが帰ってき
たよ。」リキをはなに近づけると、ニオイを嗅ぎ、体をなめ
ました。「はな、今日からまた一緒だからね。」留守の間に
裏庭の雪の上には大量のはなちゃんのウンチが溜まってい
ました。
ペットの介護。それは飼い主の責任というより、当然の行い
です。ただ、小さくかわいい時期だけを過ごし、成犬、成猫
になると、飽きて捨ててしまう。
 はなも、そんな身勝手な飼い主に置き去りにされた犬の中
の一匹ちゃんです。お母さんは、決してあなたたちを見捨て
たりしない。リキも、はなも、龍も忍も、みんなたいせつな家族。はなちゃんも、リキに負けないくらい元気で、一緒にがんばろうね。そのとき、はなが少し微笑んでくれた気がしました。
                   次回へ。




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ