My Yahoo!に追加

2012/4/17

やっぱりその程度  失笑の日々

日曜月曜とアニマルコミュニケーションカレッジの授業とミーティングに出ていたのでホテル泊りでした。



早朝に旦那から「ラーマがまたシヤワーヘッドを噛んで壊した」とメールが入った。



シヤワーヘッドを?


おかしい。シヤワーヘッドなんてホースの外につけているからラーマが噛るはずがない。多分、旦那が水道を使った際にシヤワーヘッドをベランダに出しっぱなしにしたからに違いない。



ラーマさんにはお薬を飲ませなければならなかったので留守中に二種類のお薬をひとつずつ、計二粒を朝ごはんと夕ご飯のときに食べさせてくださいとメモをつけておきました。



つまり朝ごはんと夕御飯で二粒ずつそれぞれ二種類の薬がラーマの体内に納まる形になるということです。
つまりどちらか片方が多かったり少なかったりする場合は与え間違いということになります。



帰宅してシュナくんとラーマさんにご飯を食べさせようと薬を見ると



え?
一種類しか残っていない。なんで?どういうこと?



旦那にすぐにメールした。



薬が一種類しか残っていないけどどうして?



しばらく待ってみたが返事が返ってこない。


ラーマが〜を壊したとかうんちがどうだのということはやたらメールして批判ばかりしているくせにこういうときには返事をよこさない。



夕方帰宅してようやく「なんか間違ってた?3錠ずつ食べさせたけど」




「3錠!?なんで3錠も飲ませたん!死ぬよっ!」(ぬぁにぃ?紙に書いといたこと読んどらんのか!)



食事の支度をしながら包丁をもっているとブチ切れて刺しそうになる。



「え〜オレ間違ってた?」



…頼む方が悪いんだよな(おんなじ目にあわしてやろうか?)

我慢、がまん、ガマン、我慢、がまん、ガマン

切れそう、あたし。



あんなに細かく紙に書いておいても出来なかった?

ううん、この人に頼んだわたしがやっぱり間違ってた。それでもあまりにも不注意すぎる。



獣医さんに電話をしてどうしたらいいか聞いてみた。
すると
「…ええっ!あれを全部飲ませたのっ!なんか症状出てる?出たらすぐ連れてきて。特に大丈夫そうなら明日の朝ラーマ連れて来てくれる?」



と言われた。




薬を3錠ずつ飲まされたラーマは下痢をした。症状はうんちがやわやわだったことだけだったけど。



本当は思い切り文句を言いたかった。
不注意すぎることを思い切り責めてやりたかった。



だけど私だって自分が完璧だなんて思わないし、私に出来ないことや苦手なこともたくさんある。

夫婦ってそういうもんなんだと思う。





最近とくに自分がバカだなぁと思うことがたくさんあってバカが頭のいい人を選べるわけがないとようやく気づいたわたし。






今日は朝からラーマとシュナくんと一緒に病院へ。



とりあえず薬の成分が効きすぎるため早く体外に出したいということでお水をなるべく飲ませようと思います。


薬を不注意で飲ませ過ぎた旦那にはなぜこの程度のことができないのかとほんっとに腹立たしく思う。
でも、こういう失敗があまりにもしょっちゅうすぎて…。わかってはいたんだけどこれくらいは出来ると思ったから…。



責めちゃいけない。
怒ってもどうしようもない。





結婚するときに私は自分より頭のいい人を願った。もし子どもが出来たとき少しでもあたまのいい遺伝子を残さなければ私と同じレベルではダメだと思ったからです。



でもあたまのいい人はやっぱりあたまのいい人が結婚したほうがいいんだ、と思う。



あたまのいい人はもともとあたまのいい人同士が出会うんたから私が願っても私よりちょっとだけ頭のいい人と出会えている程度。
レベルはそのくらいだと思う。



でも〜すっごくストレスがたまるんですよね〜!

クリックすると元のサイズで表示します



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ