My Yahoo!に追加

2012/1/25

今度は薬膳〜♪  薬膳と漢方

今から15年くらい前に家庭漢方の勉強をしたことがあってその時には陰陽五行にはまり、人を見ればやたら脈をとらせてもらい気持ちわるがられたことがありました。
その時には動物さんに漢方が使えたらと思いましたが鍼治療にまで及びつつありさすがに断念しました。



それから薬膳料理や漢方を使った料理の食材に興味を持ち、ハーブも含めて家族の食材に使ったところ、クチに合わず、ボロクソ言われて断念しました。



ところが数年前に今度は精進料理に魅了され、シンプルな中にある野菜本来の深い味を感じられるようになりました。
派手ではないけれどきれいにカットされた野菜を上品に盛り付けてあり質素なのに決して粗末でなく典僧の方の丁寧な真心が温かく感じられる素晴らしい料理でした。




長野に居ると野菜は自家栽培だし食材は夏の間に採れる分、手間をかければ精進料理や薬膳もある程度はできますし、最近は漢方や薬膳食材もスーパーで手に入るようになってきました。ただ実際に料理に使うとちょっと匂いが気になるものもあるのですけどね…。
うーん…。
(まぁ、見た目はカービングでなんとか近付けそうなんですが)




先日、園芸店でクコの苗木を見つけました。クコは薬膳にはかかせない食材なのでうまく育てばかなり便利です。本当はナツメも育てたいのですがかなり大きな木になりそうなのであきらめました(涙)



八ヶ岳のなかには薬草園があるので、これからの季節にはさまざまな薬草が観ることができます。身近な植物にも薬草になるものがありますので、楽しめますよ。



*クコ…疲れ目、滋養強壮、老化防止など

*ナツメ…胃腸の調子を整え心身の疲れや心を穏やかに安定し体力や気力を与える作用があるそうです。



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ