My Yahoo!に追加

2007/5/9


ゴールデンウィークも終わり、先月から7日まで、たくさんの動物達とお話をさせていただきました。どこのお家の方も、ワンチャン・ネコちゃんとお出かけできるならそうしたいけれど、なかなか、そうもいかず、「それなら、せっかくの休日を長野県で・・・この子の気持も聞いてみたいし・・・」ということだそうでした。アニマルコミュニケーターをやらせていただくようになって、動物さんたちの豊かな感情と、飼い主さんへの想いを聞いていると、見習わなければいけないなあ・・・と恥ずかしくなることがあります。決して長くはない生涯。飼い主さんたちとの楽しい時間・・・。

アニマルコミュニケーションを終えて、飼い主さんとお話しているときのワンチャン・ネコちゃんの幸せに満ちた表情。この瞬間、アニマルコミュニケーターになれて、本当によかったなあ、と思います。

たくさんの中から、私を選んでいただいたことに感謝いたします。皆さん、楽しい時間が過ごせてよかったです(^^)ありがとうございます。

一方、ゴールデンウイークに退屈な思いをし、不満を抱えた動物達が自宅では早く文句が言いたくて爆発寸前でした。
クリックすると元のサイズで表示します
昨日の朝、耳の近くにできた腫瘍を切除するために、説明をし(車に乗れることで浮き足立っていた?のか)・・・だから、切らなきゃいけないの、わかった?と聞くと「うん、うん、聞いた・聞いた。」と軽く返事を返したので、あきらかに聞いていないことはわかっていた。
車に載ると、欲求不満を食べ物で解消したいはなは、私がバッグに触るたびに後ろからヨダレを出して覗き込む。クリックすると元のサイズで表示しますこの状態を繰り返されると、私の左肩から腕にかけて、よだれでべったりとぬれることになる。仕方なく、牛乳パンを与える。ちゃんと、食べてね

上下に分解しないでね、クリームでベタベタになるから・・・。

あ〜あ・・・(がっかり)クリーム入りのよだれでシートが・・・(;;)
クリックすると元のサイズで表示します
食べてん。おいしかってん。もっと食べたい。(だめ)

こんな状態で、病院に到着。やはり今回も院長先生を見ると、帰ろうとしました。AHTのかわいいおねえさんと二人で「はな、がんばるって、約束したやろ?必ず、迎えに来るから、悪いところ取ってもらおうな?」と、説得を繰り返す。
「切除はすぐに終わるのですが準備もあるし、すぐにはできないので2時に迎えに来てください」ということだった。2時かぁ・・・3時間半も時間つぶさなきゃ・・・。
図書館もないし、映画館もないし・・・。

結局、小諸の懐古園にある、動物園に行くことにした。一気に暑くなったせいか、大きなハチがブンブン飛んでいる。園内は30度近くに気温が上昇したために、暑さでみんな、バテバテでぐったりしていた。ウサギたちから話しかけ、おサルちゃんたちのなかで、わずか、半年の間にいたはずの子が激減していたのがショックだった。寒さを越せなかったのか・・・病気で亡くなったのか・・・事情があって、展示されていないのか(動物を展示するという表現はしたくないのですが)クリックすると元のサイズで表示します

この子は前回もよくお話してくれた子で、覚えていてくれました。他の仲間がいなくなるのはどうして?の問いかけに「わからないけれど、飼育員の人が何かに包むようにして連れて行ったみたい」



クリックすると元のサイズで表示します
この子はツキノワグマのリキくん。前回は腰から背中に皮膚病ができて壁に擦り付けるためカサブタからちが滲んでいましたが回復したようです。暑いせいか、小さな水入れで遊んでいました。名前を呼ぶと、何度も振り返り、こちらに来てくれたり、お話の好きな子です。
ほかにも、ライオンさんや、エミュー、インコ、日本サルちゃんもいましたが、ちょうど、幼稚園の遠足と重なったので、ゆっくりと会話をすることもできず、帰ることにしました。
クリックすると元のサイズで表示しますテンションの高い園児のパワーは強烈です。

その後も本屋さんに行ったり、昼食を食べたりと、2時まで時間をつぶしました。

病院に着くと、臼田のN先生が来ていて、はなを連れてきてくれました。傷口は毛刈りではげちゃったけど傷口は小さいです。まだ、早期だったので、キレイに切除できたそうです。

クリックすると元のサイズで表示しますよかったなあ・・・ほっとしたなぁ・・・。

抜糸は来週です。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ