My Yahoo!に追加

2010/9/20

「ボクが旅立つ日まで」@20  志乃ちゃんのメッセージ

昨日の夜、ホテルについてシャワーのあとエネルギーを浄化してヒーリングを行い、落ち着いたところでしのちゃんと遠隔でお話をしてみました。


タイマーで暖房を緩くセットしていたけど寒かったのは私が出かけるまでの間だけで、そのあとは


小雨が降り、蒸し暑かったらしく


「ベランダ側の床で寝ていた」


そうです。


「ご飯はカリカリを夕方になってから食べた」


らしくて


「食器のなかを見て」

というのでのぞいてみると1/3ほど減っていました。


もともとの食べる量はもっと多いとはいえ、最近の食事の量からすると食べているほうだと思います。


がんばったねぇ!えらかったねぇ!というと


「でも…ここ…」


と見せてくれた床にはお水を吐いたあとがありました。


歯肉に


「カリカリの食べかすが詰まったのが気持ち悪くて取ろうとしてるうちに吐いちゃった…」


そっかぁ…。苦しかったね、大丈夫だった?留守してごめんな、というと


「でも水だけ。」


と、自慢するように顔を上げました。


しのちゃんは缶詰めは自分で食べません。


カリカリは自分で食べるけど缶詰めだけは
置いてあげても


「お母さんが食べさせて」


というのでスプーンで食べさせてあげます。


スープばかりを飲んでしまい、それだけで


「お腹がいっぱいになるし、モソモソして食べにくい」


んだそうです。
でもスプーンで磨り潰した缶詰めは


「どろどろして気持ち悪いから、塊も食べたい」


んだとか。


う〜ん…なるほど。開けたての匂いと食感を残しつつ食べてもらうためにはまだまだ工夫しなければならない点がたくさんあるね。それでも食べてくれるならお母さんはいくつ缶詰めを無駄にしてもかまわないよ。


しのちゃんの食欲をそそるご飯になるようまだまだ改善の余地があるようです(*^_^*)

クリックすると元のサイズで表示します


アニマルコミュニケーション長野ワークショップのご案内」
先日「Dr.高江洲のアニマルコミュニケーション」を出版された日本のアニマルコミュニケーション第一人者で獣医師である協会代表の高江洲薫先生により生み出されたコミュニケーションとメソッドを雄大な八ヶ岳の麓で体験することができます。
野辺山高原の大自然のエネルギーのなかで一緒にワークをしましょう!

日程
第二回10月12日
第三回11月2日

時間
午後1時30分〜4時30分
場所
高原旅館 野辺山荘
長野県南佐久郡南牧村野辺山693
JR駅最高地点・野辺山駅より徒歩2分

費用
第2回8500円
第3回15000円

講師
日本アニマルコミュニケーション協会より
講師スタッフ二名
(高江洲先生は第三回のみとなります。)

主催
日本アニマルコミュニケーション協会
協賛
たかえす動物愛護病院
お問い合せ・お申し込みは…。
アニマルコミュニケーション愉意(由井)
電話0267-97-3667
jap-yui-animalcommu@galaxy.ocn.ne.jpまでどうぞ。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ