My Yahoo!に追加

2010/3/30


昨日は野菜と庭のお花の種を注文しました。

私は農家に嫁いできたのですが夫がサラリーマンなので兼業です。

同居の姑さんは自分が欲しい野菜を裏庭に作り、私は出荷と自宅で使う野菜類やアルケミスト用(?)の野菜類を畑の脇に作っています。


農業ブームで「愉意さんは農家だからいいなぁ」と羨ましがられることもありますが、出荷の農家は、特に長野は夏から秋までで一年間の収入を得なければならないので夜中の一時には畑に行き出荷は10時まで。朝ごはんを済ませて仮眠30分くらい。それから苗を植え、昼御飯食べて仮眠しまた畑へ行き夕方の5時や6時まで仕事。主婦は夕飯入浴洗濯掃除をして子育てしたり介護をしたりで夜9時から11時が自分の時間でこの間に睡眠です。


今では海外の研修生が住み込みで自分たちの食事を作っていますが2年前くらいまで一般の住み込みバイトさんの食事やおやつまで用意していたので主婦は大変でした。
住み込みバイトさんは夜中に脱走したりしていかにハードな仕事かがよくわかります。置き手紙を残して夜逃げするんですからね。15年くらい前には駅で始発を待っているところが見つかり連れ戻されたりしていましたが最近は海外研修生なので大がかりな夜逃げバイトの捜索はしなくなりました。
観光気分の住み込みバイトさんが多かったですからね〜。


自宅のブランタや庭で自宅用の野菜ならカラスと虫に気を付ければ種は150円から300円くらいで買えるので野菜を一つ買うなら20倍くらいはお得です(*^_^*)


ネギなんて買ってきたものを根つきのまま植えれば葱坊主から種が落ちるからそのまま雨ざらしでほっといても、どんどん増えて毎年使えるようになります。スポンジつきの三つ葉もうまくスポンジをはがせば植えられますよ。


農業は本格的にやるのは大変ですが小さなプランターからなら室内でも作れます。ただし葱類は動物が食べると危険ですので近付けないところで育ててくださいね(^.^)b



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ