My Yahoo!に追加

2009/10/26

はなを迎えに…。  アニマルコミュニケーション

昨日もメールやコメントを下さった皆様ありがとうございます。

今朝は始発で帰宅してすぐにしのちゃんをキャリーに入れて動物病院へ向かいました。

しのちゃんは私が帰宅して部屋に入るといつもと違う雰囲気を感じたらしく毛布に潜り込み逃げ回りました。

はなの亡くなったことを伝え、留守番をしてくれたことのお礼もちゃんと伝えて。

病院はいつも行く分院と違って本院でした。
最期を看取っていただいた先生と院長にお礼を伝えて、しのちゃんの注射を打ってもらい、そのあとカートに載せられた冷たいはなの身体を車の後部座席に横たえました。

冷たい雨に濡れながら獣医さんと看護婦さんが
「はなちゃん、お家に帰れるよ」
と声をかけてくださったんです。

改めてお礼を伝えて今度はいつも可愛がって下さった分院の先生のところへ…。

先生が物凄くショックを受けていて、ホントに自分の愛犬のように可愛がってくださったのが改めてわかりました。

冷たい雨はどんどん激しくなり、しのちゃんにヒーターを入れたものの、はなは暑いの大嫌い。

雨が降り込んできたけど少しだけ窓を開け、いつも一緒に行ったスーパーに行き、お花と牛乳パンとニンジンジュースを買い、一緒にドライブがてらに走った場所をすべて回りました。

自宅近くになると数ヶ所の畑に行き、「ここでミルクティデビューしたね」とか「隣の畑のおばさんから白菜もらったよね」とか「ここでいつも散髪して虎刈りになったよね」と声をかけ、その後、自宅に戻りました。

友引にならないように明日の午後、移動ペットセレモニーさんにお願いし、来ていただくこととなりました。

去年の年末ギリギリに龍之介の火葬に来てくれたところと同じ会社です。

いつまでも笑顔のはなでいてほしいし、皆さんにも生前のはなのままでお別れすることがはならしくて、いいと思いますので、祭壇は公開することを控えたいと思います。

おかげさまでいま、仕事が詰まっていますので哀しむ時間はわずかに過ごしています。

こういう時に忙しいっていいですね。
クリックすると元のサイズで表示します



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ