My Yahoo!に追加

2009/8/17


はなは前足の炎症がまだよくならなくて、お薬を続行中です。

明日か明後日にはまた病院に行くんだけど、炎症がなかなか治らないことからちょっと気になっていることがあり、オーラを見たり身体中を触ったりしてみたら…。

乳腺にしこりが見つかりました。

うちに来て最初の頃に乳腺に癌ができてそのときは手術で取りのぞいたけど…今回は年齢的な麻酔のリスクが大きいです。

私の師匠や師匠のご友人である寺山心一翁先生は癌に対するお考えが『癌細胞に愛を送り続けることで癌が死滅する』とおっしゃっていました。

寺山先生はご自身が末期癌におかされ余命の告知を受けながら手術を拒み『たとえ癌だとしても私の身体にできたものを叩きのめすような治療は受けたくない』とひたすら自己ヒーリングで癌を消滅なさいました。
現在もお元気で世界中に講演に回っていらっしゃいます。

はな自身は病院で入院したり怖い思いはしたくない…という強い意志を持っています。

このしこりが悪性か良性かは検査を受けなければわかりません。

ですが抗がん剤や手術を受けるより自宅で好きなものを食べ、ドライブをしたり草の上で寝そべったりする生活のほうが好きなはなにとっては在宅で過ごすほうが幸せだと私は思います。
私がはなの立場ならそうありたいし、そう願います。

たとえば余命が2年だとして、それが1年になったとしても、入退院の繰り返しで過ごすより自由な充実した1年を選ぶことのほうが一生の最期としてはるかにいいと思うのです。

癌によっては皮膚が裂けたりして悲惨な状態になるものもありますが、ヒーリングのチカラを信じています。

ヒーリングは好転するときと最期の苦しみから解放し穏やかで安らかに天に送るものがあり、どちらもはなにとっては有効だと思っています。

どんな状況でどんな状態にあったとしても、はなに対する愛情は変わらず、絶対に揺るぎないものです。

はなの病気と向き合い、はなに嘘をつかず、きちんと話して決して誤魔化さず、一緒に、誰でもいつかやってくる旅立ちの瞬間まで楽しく生きようと思います。
それが出会ってからこれまでずっと私を幸せにしてくれたはなへの恩返しです(*^_^*)



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ