2010/1/31

景浦名水・・  自然

クリックすると元のサイズで表示します

久しぶりに安芸郡の阿戸地区を通りかかりました。

ちょっと寄って見ますか・・・

この地区では有名な“景浦名水”



しかし、174号線からの進入位置に付けられている案内看板・・・

その上のどなたかの看板!!

邪魔になりますなぁ〜〜

わざわざ、くっつけて立てなくてもいいものを・・・

景浦名水の名声にご相伴という事ですかね。



以前に行ってみた時から随分経ってますね・・・

道を忘れてしまっている。

174号線から4キロ先と表示されている看板・・・

もう、道を間違えたかな? 引き返そうか?

・・・と思いはじめた頃、やっと名水が姿を見せてくれました。

放っておけば、誰も立ち入らないであろう、山の上に

しかし、地域のボランティアできれいに管理されています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

さっそく、口に含んでみると・・・

滑らかで癖のない、まさしく名水と言われる飲み口ですね。

広島国際学院大学の日本の名水の権威

佐々木 健教授 ご推薦の軟水です。

しまった、これだったらペットボトルを沢山持って来るんだった((笑い

ふと車の中を見ると、先ほど飲みきった小さなお茶のペットボトルが有った。

小さいけど、これだけでも持って帰ろう((笑い

この名水で沸かした朝のコーヒーが楽しみですね。

クリックすると元のサイズで表示します


加盟しました→ 





トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ