2008/10/21

台湾の風  エンターテーメント

Shiozyさん達のブログコラボ お題 『台風』


台湾の風=台風・・・んっ  なんか違う? ((失笑  
   

台湾ドラマ   }}} 狂愛龍捲風 {{{   Love Stome(愛の嵐)

ご注意 : 投稿者は、中国語も韓国語も全く話せない、純粋な日本人です。
外国語で話しかけないでください ()^o^)

クリックすると元のサイズで表示します



ネットの時代に生きる私達の周囲には、目に見えない巨大なネットワークが形成されている。

そして、さまざまな情報があたかも自分の物のように、そこら辺に転がっている。

この地球という世界で、文明の急速な発展は人々に幸せをもたらしているのか?


情報や物のように豊富に転がっているものと比べ、人々の心は満たされているのか?


愛情と理想・・・

若者にとっては、かけがえのないこの2つの言葉・・・

しかし、「水は舟を浮かべる事も出来るが、覆すことも出来る!」

“世の事象には全て反面がある”の諺どおり!



愛の為に成長する人もいれば、愛に失敗し人生を棒に振る人も出てくる。


理想を追い求め自分を高める人もいれば、あまりに高い理想とのギャップで堕落をしてしまう人もいる。


そして、えてして夢と現実のハザマに悩むこととなる・・・


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


ジャールー(ビビアン・スー)は裕福な家庭に育ったお嬢様・・・

楽しい将来を夢見ながらも、真実の愛に強い憧れを持っていた。

そんな或る日、彼女の車にトラックがぶつかろうとした瞬間、捨て身でそのトラックの前に立ちはだかり、トラックを止めた男性がいた。

その男の名前はインフォン(ヴィック・チョウ)!

ジャールーはこれが真実の愛だと思った・・・

その場を黙って立ち去ったインフォンを、幼なじみのバオロン(ケン・チュウ)の力を借りて探し出すジャールーだったが、やっとの思いで再会したインフォンはなぜか彼女に冷たかった。

バオロンの影からの助けで、何とかインフォンにいい印象を持ってもらいたいと願う、彼女だったが・・・

しかし、ジャールーは知らなかった。

小さい頃の太っちょでかっこ悪ったバオロンが、ジャールーの為に努力してスマートでダンディーな男性になったことを・・・


幼くして不幸な家庭生活を経験し、クールに育ってきた男と、自分が愛する人のためならば、自分が不幸になってもかまわないと思える男・・・

そして、あこがれていた真実の愛だけを追い詰めるため、周囲を見回す事の出来なくなった、世間知らずのお嬢様達のラブコメディードラマ!


真実の愛とは、すさまじい“愛の嵐”のようなものだとは、若者達は知るよしもなかった・・・


ビビアン・スー
クリックすると元のサイズで表示します


ヴィック・チョウ
クリックすると元のサイズで表示します


ケン・チュウ
クリックすると元のサイズで表示します

台湾ドラマをもっと楽しみたい人はこちら →華流ドラマ談話室

韓国ドラマを楽しみたい人はこちら    →韓ドラ談話室



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

2008/10/22  13:48

 

コラボ<台風> 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ