2008/6/22

13歳の創作『くだらない詩ぃ〜』  創作

13歳の創作 『くだらない詩ぃ〜』    某年8月16日作

    クリックすると元のサイズで表示します


雨が降る・・・
ザァザァと降る。
小さいながらも、絶え間なく降る。

私のすでに乾いた心を、私の汚れた心を洗うように
じめじめと水が溜まる。

風が吹く・・・
ビュービューと吹く。
強い風がとぎれとぎれ吹く。

悩みをいっぱい溜めた私の心を、重苦しい私の心を
吹き飛ばすように
寒々と吹く。

雷が鳴る・・・
たいへんだ、天が怒っているのだ。
私は自然に謝らなければいけない。

蚊をたたき潰したのも
小さな蟻を踏み潰したのも
稲の穂をむしりとったのも

そうしなければ、私は人間でいられない。

※自然には逆らわず・・一寸の虫にも五分の魂・・
 おばあちゃんがよく言ってたな!



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ