2012/11/5

103年の時の記憶 奈良ホテル・・  旅行

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

関西の迎賓館 “奈良ホテル”といえば

時の記憶 since 1909〜

現在から言えば103年の歳月も

大切な人を迎え続けてきた!




1916年の高浜虚子をはじめ

セルゲイ・プロコフィエフ、バートランド・ラッセル

アルベルト・アインシュタイン、エドワード8世

チャールズ・リンドバーグ、チャールズ・チャップリン

ヘレン・ケラー、リチャード・ニクソン

マーロン・ブランド、オードリー・ヘップバン

ダライ・ラマ14世・・・

そして、それをお迎えする日本側の天皇、皇族の方々は数知れず・・・



時を越えて今も変わらぬおもてなしを続ける迎賓館

奈良ホテル 本館は、時代を映し出す鏡として

木の美しさを最大限に見せびらかしている。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

一方、この高台に建つ奈良ホテルには

新しい顔が有る。

奈良ホテル 別館

クリックすると元のサイズで表示します

車で小高い道を駆け上がり到着した

ロータリーで、ふと横を見ると

古風な本館の玄関ホールの横に

別館が姿を見せている。



寺院風の屋根を見て平屋なんだなと・・・

しかし、これがなんのなんの

別館に案内されてエレベーターに乗ってびっくり

平屋だと思ったこの階は、なんと四階という表示が!

エレベーターに乗るとどんどん下に下がっていく・・・



翌日の早朝に周囲を散策してやっと判りました。

小高い崖のような地形を利用して半地下形状に増築してあるんですね。

部屋から外を見ると、地下とは全く気づかない開放感あるベランダが設置してある。

しかも、下の写真のように外側から見ると樹木をうまく使ってまるで森林のようだ。

そこに建物があるとは気がつかないようにブラインドしてある。

クリックすると元のサイズで表示します

奈良ホテルの坂道を少し下ってみると

まるで前庭にように旧大乗院庭園が広がっている。

うまい借景ですね、お互いが引き立てあっている。

これは、名高いゲストならずとも

再び訪れたい施設です。

クリックすると元のサイズで表示します



★萩原麻未 広島交響楽団と共演★
2012年11月7日 福山リーデンローズ
指揮:秋山和慶 ピアノ独奏:萩原麻未


★萩原麻未 ソロ・デビューコンサート★
2012年11月11日 呉文化ホール
萩原麻未 ピアノ独奏


★萩原麻未 PIANO RECITAL★
2012年11月18日 松江市総合文化ホール プラバホール
萩原麻未 ピアノ独奏

☆上本巨志 ミュージアムコンサート☆ 
2012年 12月 8日 土曜日 午後2時より
場所: 広島美術館 無料(但し入館料要) 


広島ブログ




2012/11/5

奈良ホテル・・  旅行

クリックすると元のサイズで表示します

奈良での一日寺院廻りを終えた後に我々が向かったのは

かつてより迎賓館として名高い“奈良ホテル”

木造の古風な造りの建物は

あちらこちらに気になるディティールを示している。

外部周りの建具が創立当時そのままの木製建具で有ることに驚く

水仕舞いに狂いが生じていないのだ。

正面玄関を入ってすぐに見上げる吹き抜けホールの

下がり天井が時代を感じさせる豪勢な雰囲気をかもす。

クリックすると元のサイズで表示します

早朝に前庭の築庭に出てみると

まるでお客一人一人に挨拶をするかのように

野生の鹿の親子が顔を出す。

近づいていっても逃げる様子も無い人馴れした鹿だ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

朝のすがすがしい空気を吸って

再び建物内に入ると

廊下に全面敷かれた赤いじゅうたんが

迎賓館としての役割を果たしてきた歴史を物語る。

玄関近くに配置された、一般宿泊者用の

くつろぎスペースも豪華な内装と家具に驚かされる。

慣れない者にはソファーに座るのも

躊躇させるほどだ。



玄関を入った時に

結婚式の予定が三組ほど表示してあった。

このような処で挙式を挙げると

想い出に残るでしょうね。

奈良ホテル つづく・・・

クリックすると元のサイズで表示します
★萩原麻未 広島交響楽団と共演★
2012年11月7日 福山リーデンローズ
指揮:秋山和慶 ピアノ独奏:萩原麻未


★萩原麻未 ソロ・デビューコンサート★
2012年11月11日 呉文化ホール
萩原麻未 ピアノ独奏


★萩原麻未 PIANO RECITAL★
2012年11月18日 松江市総合文化ホール プラバホール
萩原麻未 ピアノ独奏

☆上本巨志 ミュージアムコンサート☆ 
2012年 12月 8日 土曜日 午後2時より
場所: 広島美術館 無料(但し入館料要) 


広島ブログ






teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ