2012/1/16

痴呆症と向き合う・・その二  生活

クリックすると元のサイズで表示します
広島護国神社の左翼殿前に今年設置された“双鯉の像”
夫婦の鯉が奉られて、家族円満の象徴となるらしい



認知症と言えばこんな事もありましたね。

或る日曜日の夕方

家内が夕食の支度をして

母親に声を掛けた。

『お母さん夕ご飯にしますよ』と・・・

家内としては、トイレに行って手を洗って

ご飯を食べる用意をしましょうと言ったつもりだが




帰ってきた返事が・・・

「今日はさっきディサービスに行って、もう夕ご飯を食べてきたから

お腹がいっぱいで食べられません!」という・・・



そばで聞いていた、私もギョッとなる。

なにせ、日曜日はデイサービスは休む事にしていて

母親は、一日中家を一歩も出ていないのだ。

朝ごはんを食べさせて、昼ごはんを食べさせて

先程まで、家の中を歩け歩けと

見守りをしながらの、リハビリ歩行を続けていた矢先だった。

それが、さっきデイサービスに行ってきた???



しかし、さすがは家内だ!

臆することもなく

『お腹がいっぱい? 困ったね! とりあえずトイレに行って、手を洗ってきて・・』

と、否定もせず切り返す・・・

もちろん、トイレ係と手洗いの見守りは私の仕事。



手を洗わせて、食卓テーブルに座らせると

さっきのお腹がいっぱいとの言葉とは裏腹に

家内が用意した食事をしっかり食べている。

『今日はディサービスに行ったと勘違いしちゃったんだね』

と、笑い話ですんでしまった。



しかし、おそろしや 痴呆症・・・

まだ、おとなしい痴呆症だからいいけど

痴呆症に凶暴さが加わったら大変だね。



★萩原麻未 東芝グランドコンサート2012★

平成24年2月18日 広島ALSOKホール



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ