2011/11/21

声 リモコン・・  生活

クリックすると元のサイズで表示します

ペンギンのウエットティッシュ入れに

箸置きがいっぱい・・・

遊んでいるのではありません((笑い

年老いた私の母親の歩行訓練用のグッズです。




脳梗塞をわずらってしまい

軽い左半身不随となってしまった為

一人では満足に歩けない状態になってしまった。

毎日デーサービスに通っているが

母親が歩くのをずっと監視続けるほど

施設の方は暇ではない事は判っています。

きっと、イスに座ったまま

無難な状態で一日を過していることでしょう。




しかし、人間の体というものは

使わなければ、使わないほど筋力が弱ってくる

危ないから、ベッドで寝ていなさいというのが

一番管理的に楽な状態だが

そのようにすればするほど

人間本来の力を放棄していくようなもの

そこで、母親の担当医の先生の話では

『危険と隣り合わせだが、歩かせなさい』

という、診察となる。




そこで、日曜日くらいは我が家で歩行訓練という事で

自分の部屋のベッドサイドから、キッチンを通って洗面所へ

そして、Uターンして帰ってきて、居間の大きなテーブルを一周して

最初のベッドサイドにたどり着く・・・

その繰り返しとなる。

一周の距離を測ってみると、約29mある。

『10周を目標に歩こうね』という事でスタートした。




もちろん、何にも頼らずに一人歩きは出来ないので

そこここで、必ず何かに捕まって歩くという約束だ。

身障者用の手摺あり、机の角、イスの背、カウンター、洗面台等々・・・

そこである位置まで廻って来たら、箸置きを一つずつ

位置を変えて並べていく。

回数を数えることと、本人の頭のリハビリを含めて・・・




しかし、いざ始めてみたが、歩数がなかなか進まない

途中ですぐ足が止まってしまう・・・

簡単な順路を間違って廻ろうとする・・・

そのたんびに

『洗面所まで!このテーブルを一周!!足が止まってるよ!!!』とか

『そっちは方向が違うよ!こっちだよ!!』とか

声を掛けなければいけない。

でも、止まってしまった体が

声を掛けると動き出す・・・

まるで声のリモコンで操っているみたいだ。




知らない人が聞いたら

“体の不自由な年寄りをいじめている!!”としか見えないだろうなぁ〜

わずか、29mの歩行の7周が二時間くらい掛かる。

声のリモコン、フル稼働で・・・

仕方ない、また昼からチャレンジする? 母さん!
コンサート情報

☆上本巨志クリスマスコンサート☆

2011年12月23日 八丁掘シャンテ 2階 チャペルホール



★萩原麻未 東芝グランドコンサート2012★

平成24年2月18日 広島ALSOKホール



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ