2011/5/7

捨てる鬼あれど拾う神あり・・  ペット

先刻、フラワーフェスティバルの過去のいやな想い出の投稿をした。

ひよこがイベントの後に無残に捨てられていたのを目撃し

『ひよこの危機・・』と・・・

一方では、生命を生命とも思わない人間がいたりする。



しかし、広島の某猫カフェ〜が廃止になるので

スタッフ猫の疎開先の心配をしていたら

遠い大阪から親身になって探してくれる人がいた。

うちの次男はいい嫁さんを探してくれたものです。

ありがとね! 美和さん!!

猫ちゃんの事は気にしないでくださいね。

2011/5/7

ひよこの危機・・  ひろしま

クリックすると元のサイズで表示します

今年も広島フラワーフェスティバルが

盛大に開催されたようです。

フェスティバルが開催される

百メートル道路の西の端に設置される

アーケード付近には、他の用事で通りかかったものの

結局、今年も足を運ぶ事はなかった。



子供達が小さい頃はよく一緒に行ったものですが

或る出来事があって、それ以降は足が遠のいてしまった。

その出来事とは・・・



あれは、フラワーフェスティバルが

広島で開催されるようになって

4~5年目の最終日、5月5日のことだった。

フェスティバルは毎年5/3~5/5の3日間

開催される事になっている。

道路の両端には色んなイベントが催されている。



その催しの中に

動物に触れる事が出来るコーナーがあって

子供達の人気を博していた。

おとなしい牛を柵の外から触れたり

小動物コーナーでは、ウサギや羊、犬や猫等の

ふれあいコーナーがあった。

その中に小さく囲ってひよこコーナーがあり

特に小さい子供達の人だかりが出来ていた。



フェスティバルの最終日、子供たちと遊び廻っていて

すっかり、終了時間を過ぎた頃

私達はその周辺を何気なく通りかかった。



その動物ふれあいコーナーはすでに

跡形もなく片付けられており

ただ、一つだけ公園に設置されていた

ゴミ箱がポツンと、残されているだけ・・・



しかし、それを見たまだ幼かった娘が泣き出した・・・

なんと、ゴミ箱の底の方に

あの昼間みんなに可愛がられていたひよこ達ちが

詰めこまれ放置されていたのだった。

しかも、ゴミ箱の上はダンボールでふさがれ・・・

それでも数匹の、ゴミ箱から外に這い出したひよこは

中のひよこを心配するように

ピヨピヨという鳴き声を一斉に発している。


おそらく、そんなイベントで使うひよこは

オスしか使わない。

メスなら飼育すれば卵を産むが

オスは飼育してもブロイラーにしかならない。

その間、飼育するスペースと餌代と管理する手間がいる。



自分はちっちゃい頃、婆ちゃんがひよこのメスを

JAから買ってきて、育てて

その餌やり係りをしていたので、育てる苦労は判っているが

そんな手が掛けられない事情から放置して帰ったと思われる。

そんな命を大切にしない

ふれあいコーナーなら、初めからやらないで欲しいね!!



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ