2010/8/23

暗闇から白い手が・・  介護

クリックすると元のサイズで表示します

誰もいないはずの、まっ暗い闇の中から

白い手がすう〜〜〜っと………

どろろろろろろ〜〜〜





えっ! この手はわしの手なもんで

少しも怖いことありまへんで!!




それより、怖いのはねぇ〜〜

うちの86歳になる母親が

ベットで寝てて

急に飛び起きて

『女の人が頭を下げてる・・』とか

『白い指が見えた・・』とか、言うんよね。




しかも、夜ではなく朝方、僕達が出勤しようとしているくらいの時間・・・

もうすっかり夜は明けて、明るい日差しが差し込んでます。




しかし、さすが家内は専門職ですね・・看護士の・・・

今朝方も、母親がいきなり飛び起きて

『指が・・指が・・』と言い出した。

家内はちょうど母親の部屋の横の廊下を抜けて

玄関に出ようとしていた。

そして一旦、間を置いてじっと母親の顔を見つめて

『夢だったね!』とにっこり!

この間の取り方がうまいんだよね。



母親は、寝ぼけて起きてるんだから

即座に「そんな事ないでしょ!」と怒ったように言っても

状況が判らず、ポカンとするだけだろう。




『夢じゃったんじゃね・・』母親を傷つけずに

苦笑いで終わらせる処がすごい・・・

さすが、専門職じゃねぇ〜〜〜



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ