2009/12/31

しあわせ駅へ〜  ひろしま

クリックすると元のサイズで表示します

出会い駅から・・・  しあわせ駅へ〜〜〜

今年もはや、一年が終わろうとしています。

駅のプラットホームに立っている

おなじみの白い駅名看板・・・

ここはどこの駅でしょう?

クリックすると元のサイズで表示します

一見、食堂とは思えない古っぽい外装仕上げを施した

田舎の駅を想わせる

その店の前に看板として立っている

安佐南区の“駅ラーメンの”お店でした。

クリックすると元のサイズで表示します

外装のとおり素朴な内装の

ラーメンとおむすびとおでんしか、メニューにないお店で

ラーメンを頂きました。

クリックすると元のサイズで表示します

そういえば、以前写真に載せた

炎のストッパーの異名を持つ

広島カープの、津田恒美投手のサインのある

大きな“サインボール”

その時の記事 →ここ



南陽工時代の同窓生のおのけんさんと、同じくよくご存知の方を、知り合いに持っておられる、仏壇販売人さんのおっしゃるとおり・・・

協和発酵時代のものでした。

テーブルの上に無造作に飾られているボールを

ひっくり返していたら書いてありました。

ラーメン店主が、どうしても欲しいから

友達から譲り受けた品物らしい。

まさに生涯の宝物といった感じですね!!



クリックすると元のサイズで表示します

今朝は雪が降り始め、外は銀世界になりつつあります。

いい年末が迎えられそうです。

それでは、これで今年のブログ収めとします。

本年も沢山の方においで頂きまして、ありがとうございました。

来年もよろしくお願いいたします。

     クリックすると元のサイズで表示します    クリックすると元のサイズで表示します 


地域ネット



2009/12/30

巨大スクリュー・・  

クリックすると元のサイズで表示します

クレストと命名された、呉駅舎建物の正面に飾られている

巨大なスクリューのオブジェ!

後ろに写った自動車で大きさがお判りになるでしょうね。

直径が4.25m 重さは6.7トンもあるそうです。

さすが造船の町、呉の面目躍如と言った所ですね。

オブジェ設置時の呉ニュース →ここ



呉といえば大和ミュージアム?

さては日本の誇る、巨大戦艦大和のスクリューの復刻版??

残念でした・・

戦艦大和のスクリューは三枚羽根だったようです。

戦艦大和のスクリュー 1/20スケール模型 →ここ



呉駅前に設置されているスクリューは、以前造船された世界一の巨大タンカーか客船の物でしょうが、大和の縮小復刻版の形を比較してみると、戦艦とタンカーのスクリューの違いを思い知らされます。

さしずめ、戦争と平和の違いでしょうか?

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

町が賑わうクリスマス時期の、呉の中央商店街のレンガ通りでは、電飾飾りもにぎやかに屋台も数軒出されていましたが、ちょっと人通りが寂しいですね。

呉駅裏に出来た大型商業施設、レクレと分散してしまったのでしょうか?



そんな呉の町も年末・年始の間、しばらくお別れです。

お正月が明けたら、また通う事にしましょう。

地域ネット


2009/12/29

いたち談義・・  創作

クリックすると元のサイズで表示します

『のぅ ‘いた’さんや! 

最近ちょっとたるんでいるのと違うか?』


大家の‘とみ’さんは、いつに無くけわしい表情で、自慢の長い煙管を突き出して切り出した。


「へいへい すんません! 大家さんの言われる事はよく判っております」


と、長屋の住人の‘いた’は、いつもの通り頭を下げた。

また、大家の悪い癖の説教が始まったと、心の中では思った。

たちの悪いやつよ、とつぶやきながら・・

クリックすると元のサイズで表示します

『ほんとうに判っとるんか!』と‘とみ’の言葉は激しさを増す。

『昼まっからぶらぶらせずに、ちゃんとした仕事を探さんか! ‘いた’よ』


「へいへい判りました! 今から仕事を探しに行ってきます」と・・‘いた’が、席を立とうとすると。


『おいおい! この打ちかけた将棋の一席を終わらせて行かんか

負けそうになっとるから逃げるんか!』と‘とみ’の言葉が・・


「どうすりゃ いいんじゃ!!」と‘いた’は胸の奥で叫ぶ。

「昼まっからこっちの都合は考えず将棋に誘っといて、ぶらぶらしとるはないだろう!」と思いながら・・・




〜こんな言いあいを続けながら、仲がいいのか悪いのか判らない、大家のとみと住人のいたの二人の生活は、いつも通り続いていく・・・



※山口県の山賊砦に飾ってあった、剥製を見て創作しました。

地域ネット



2009/12/28

伝統の山賊料理・・  

クリックすると元のサイズで表示します

和風茶屋に欠かせないもの・・・

それはなんと言っても水車ですね。

自然の力を利用しながら

黙々と休む事無く動き続ける古ぼけた円形体。

なぜ心を打たれるんだろうと

じっと考えている暇はありません・・奥様が呼んでらっしゃいます。

クリックすると元のサイズで表示します

土間の広い囲炉裏を通り抜けて

座敷に案内される。

こりゃぁ まぁ 古い代官屋敷か庄屋さんの家屋を

復元されたものでしょう。

情緒が有り余る景色ですな。

クリックすると元のサイズで表示します

料理??

もちろん 山賊焼きと山賊むすび

その他の山賊料理を頂きました。



広島にも、似たような茶屋形式のお店で

“わたや”という、和風茶屋チェーンがありますが

一つ一つの料理の味にこだわるこの山賊砦は

全くそれとは異質なものだという事に気がつきました。

これが伝統の味というものなのでしょうね。

いくら真似をしようとしても出来ない・・・

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

加盟してみました→
タグ: 山賊砦

2009/12/28

山賊砦・・  やまぐち

たっぷり遊んだ、美川ムーバレーを後にして

車の周辺は闇に染まる頃

あれあれ・・どちらに行くんですか?

車は六日市方面にむかっています。

本日の天候は、あまり冷たくないとは言いながら

六日市といえば、この周辺では一番寒さが険しい所・・・

山道を走っていくごとに、徐々に道の周辺に残り雪が高く積み重なってきます。




で・・やっと着きました!!

山口県玖珂郡錦町にある

        山賊砦

クリックすると元のサイズで表示します

山賊砦の案内は →ここ

まだ明るさの残る岩国市方面から

山陰の県境方面にどんどん車を走らせて行くと

夕暮れと共に、辺りは真っ暗な田舎道に変わってきます。

初めは見えなかった道端の雪も

どんどん増え始めて、さすが六日市!

感心してる場合じゃありませんよ((笑い

ほんとにこんな所に有るんだろうか?

あの有名な場所が・・・



雪も多くなってきたし・・

引き返した方がいいんじゃないかと想い始めた頃

有る山に囲まれた道路を通過した途端・・



まるで不夜城のような景観が眼前に・・・

今まで全く人の気配も感じなかった所に

この駐車した車の台数と沢山の人の気配はいかに?

クリックすると元のサイズで表示します

豪放果敢な荒々しさを思わせる

いかにも、山賊が住んでいそうな、全景に目をとられていると

江戸時代の御茶屋を思わせる、シックな創りの下茶屋も

目に飛び込んでくる。

う〜〜〜ん!

うなるしかないね!!

クリックすると元のサイズで表示します

雪が積もった情緒あふれる小道を

奥様がいそいそと、先に歩いています。

せかすように振り返ってらっしゃる。

さぁ 参りましょうか! 奥の院に・・・

クリックすると元のサイズで表示します

加盟してみました→



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ