2008/10/28

妻のために生きる  ひろしま

Shiozy さん達のブログコラボ 最終回 お題『読書の秋』



最終回とあって、ぜひ参加したいが

直前になっても、なにを書くかイメージが沸かない!

・・・と、ふと前日になって思い出した。

そういえば、忙しさにかまけて

おやじブロガーの感動エッセー 

“妻のために生きる” を買いに行くのを忘れていた。

もう売り切れて、店に無いかも知れないと急いでフタバ図書に走る。。。(shiozy風前振り)

クリックすると元のサイズで表示します

ええっ! 売り切れてるどころか高く積みあがってるじゃないか!!

こりゃあ〜 売る気あんのか、この店!! 

もっと、みんなの目に付きやすい処に展示するとか。。。


いゃいゃ ここは、沢山販売する為に親切な本屋さんが多量に買いこんで

売れては積み上げ、売れては積み上げをした結果だとしておこう。。。(Shiozy風 けなし・ほめ)

クリックすると元のサイズで表示します

やっと買ってきました。。。あにきの本!!

しかし、Shiozyさんって、割りと地味な性格なのね。

緑のバックに、遠慮したような小さな字。。。(Shiozy風 前振りが長すぎ・・)


先週、Shiozyさんが『ブログコラボに最後まで参加して、有終の美を飾りましょう!』

と言っていたので、一日で読んで、即興で感想を書くという離れ業をやってみようか  (もうこれで、さよならするんかぃ!)。。。(shiozy風 つっこみ)


Shiozy著書 『妻のために生きる』 を読んで・・・


shiozyさんの有名なブログが、広島ブログに存在する事は早くから知っていましたが、私は早期には、おじゃまはしませんでした。

どなたかと同じく、私も体制拒否派でランキングに参加したのも最近の事です。

つまり、shiozyブログの全体を見ていないという事です。

しかし、この本を通して読むことにより、shiozyさんのまだほんの一部でしょうが、生き方に触れたような気がします。

素直に『妻のために生きる』と言える事も、すばらしい事です。

しかし特に感心したのが、普通の人間なら自分の恥と思えるような事を、これだけ堂々と公開できる人がいたのかという点。

私は、父親が元気で近くにいながら母親とは離婚して、母子(祖母)家庭で育つという暗い幼年時代を過してきたので、家庭の事は外では一切語りませんでした。

やっと、周囲に話してもいいか?と自縛霊から解き放たれ、ぽつぽつと話し始めたのはもう年が40代の後半に入っていました。

しかし、shozyさんは違った!

色んな生き方があるんですねぇ〜 しかも苦労をしながら、普段はその微塵も外に見せない。

経営者としても素晴しいものがあるんですね。

面接で逢った瞬間に採用・不採用を決める。

一時間半、二人で黙りとおした面接、等々・・・

うん! やっぱり、多数のみんなから支持されるはずだ。

最後にshiozyさんのようにはなれない私ですが、私にしか出来ない贈り物をします。

クリックすると元のサイズで表示します

どうです? shiozyさんと秀子さんが手を取り合って、寄り添っているように見えるでしょ。

お幸せに・・・



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ