2008/10/7

新しい家族という名の贈り物  創作

shiozyさんたち三人の [ブログコラボ] お題 『贈り物』 便乗作品!




 『新しい家族という名の贈り物』 


世の親の、いつかは通過しなければならない 試練!

それは、我が息子が連れてきた将来の伴侶と逢うこと。



その緊張の時も、和やかな楽しい時間となって

あっという間に過ぎ去ってしまった。



それからは、息子と一緒に時々顔を見せてくれる

君と逢うのが待ち遠しくなってしまったよ。



最近僕は、街中で逢う小さな子供という生物に

驚異の目を向け続けている。



出勤途中の車のそばを、臆する事無く走り去る小さな生命・・・

夕方のスーパーで出逢う、若い母親がしかってもしかっても

走り回って遊びに余念がない生命・・・



『どうしてこんな無駄な動きが出来るのだろう!』と今日も驚異の眼を向ける。

大きく腕や足を跳ね上げ、胴を捻り、走る必要もないのに走り回る・・・



僕がもう出来なくなってしまった行動に対する、羨望の眼がその小さな生命体にむけられる。



もう、僕達の時代は過ぎ去ろうとしている。

次は君たちの時代だ。

二人に小さな生命体が授かる頃には、僕はどんな顔をして見てるかな。



そんなたわいもない夢を見させてくれる

新しい家族になろうとしてる君に、僕から贈れる言葉は、たった一つ・・・

   幸せになってね!! 

もうすぐの ブライダルという 贈り物 有難う!



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ