2008/6/24

13歳の創作  強  創作

〜母親の家に行くと、廃家の二階に古ぼけた小さな机があった。
引き出しを開けてみると、小さい頃の自分の創作日記が出てきた。
全く目の前に無い光景を目をつぶって書いている。
原文のままここに載せてみる事にした!

クリックすると元のサイズで表示します

13歳の創作  強  某年8月18日作

あれからもう二十年経ってしまった。
私はもう一度故郷に帰ることになった。
しかし、現在この町に昔の面影はない。

山は茂り川は流れていたが、昔の面影はない。
昔見た家、昔見た人々は私に懐かしさを感じさせるが、昔の面影はない。

山は削られ段々に急傾斜になり、川は広げられて底が見える。
町の中心部には高いビルディングが建ち、見知らぬ若い人達が歩いている。
この町は変わってしまった。

しかし、私はそれを今以上変えようとしている。
私は建築家だ、山を切り開いた土地に集団住宅を作るためにやってきた。

自分では昔の故郷が懐かしくてたまらない。
しかし、私は昔の自然を取り戻そうとは思わない。

私はこれから新しい町を創って行く。
これが私の進む道なんだ。


※建築家がなんたるかを、まだ知らない若造が、妄想と共に偉そうな事を書いています。
題名も無理やりのこじつけ・・若さか?


2008/6/24

13歳の創作  弱  創作

〜母親の家に行くと、廃家の二階に古ぼけた小さな机があった。
引き出しを開けてみると、小さい頃の自分の創作日記が出てきた。
全く目の前に無い光景を目をつぶって書いている。
原文のままここに載せてみる事にした!


クリックすると元のサイズで表示します

13歳の創作    『弱』    某年8月17日作



そこはさすがに涼しかった。
いやかえって寒いくらいだ。
私は夏の暑さを避けるため、このような山奥にやってきた。

私の泊まっている所は寺である。
この寺は見るからに古く、しかも庭がすばらしく大きい。
私の今いるところは実はこの庭の一部である。

私の目の前には雄大に水しぶきを上げる滝がある。
水量はあまり大きくないが、高さでは相当見上げなければならない。
私は近くのひのきの根元に腰掛けた。

樹木の冷たさが背中に伝わってくる。
足元はコケがいっぱい生えて、足を置くと水が染み出してくる。
さっきからずっと小さな水滴が私のほほを濡らしている。

滝から落ちてきた木の葉が、いつの間にか川の下流に向かって流されていた。
小さくて、弱々しい木の葉が・・・

※樹皮が苔むした“ひのきの巨木と滝”今でも神秘的な存在です。

2008/6/23

モリアオ写真  自然

モリアオガエルの産卵風景・・・

真ん中にいる少し大きめのカエルがメスです。
周囲で数匹小さい体で取り囲んでいるのがオスです。

メスはほとんど緑一色ですが
オスは綺麗な斑点模様になったものもいます。
以前うちで見たオスは斑点模様でした。

クリックすると元のサイズで表示します



    クリックすると元のサイズで表示します


日本全国のモリアオガエルの生息情報を、熱心に収集してホームページに集積しておられる。

いわゆる日本のモリアオの親とも言える

京都福知山の大興寺和尚さんから、返信メールが入りましたので掲載します。

― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―

こんにちは。
久しぶりのモリアオ情報有り難うございました。

6年ぶりとは嬉しいことですね、昔生息したいた子孫なのか、別の生息地が無く
なり転居してきたのか判りませんが良いことですね。
画像拝見すると、朱色の鯉の姿が、気になりますね。

産卵情報は早速アップしました。
追伸も有り難うございました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

モリアオガエル 生息地
臨済宗 大興寺
〒620-0936
京都府福知山市正明寺1771
 有賀 祖道 合掌
mail sodo@pluto.dti.ne.jp
Homepage   http://moriao.com

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


和尚さん すみません!

鯉は川に放す訳には行きませんので、勘弁してください。
鯉は雑食性ですから、放っておいたらおたまじゃくしは食べてしまうでしょうね。

その代わり、うちの池では鯉が入ってこれないような浅瀬を作ってあります。
以前のおたまじゃくしもそこでのびのびと巣立っていきました。


2008/6/22

モリアオガエル  自然

我が家にモリアオガエルが帰ってきました(^o^)


裏山の団地造成工事の影響か?

タタミ一畳分の自宅池で卵魂を見ることが出来なくなって

はや、6年が経過していました。

↓この下の写真で卵魂をすぐ見つけることが出来れば偉い!

クリックすると元のサイズで表示します

ちょっと方向を変えてみれば判りやすいか?

真ん中に白い楕円形が見えるのが卵魂です。

直径10センチ 長さが15センチ程度です。

クリックすると元のサイズで表示します

他に、岩の下にももうひとつ卵魂がありました。

大きさは同じ程度・・



早速全国のモリアオガエルの生息情報を、運営されている大興寺さんに連絡しておく事にしよう。


2008/6/22

13歳の創作『くだらない詩ぃ〜』  創作

13歳の創作 『くだらない詩ぃ〜』    某年8月16日作

    クリックすると元のサイズで表示します


雨が降る・・・
ザァザァと降る。
小さいながらも、絶え間なく降る。

私のすでに乾いた心を、私の汚れた心を洗うように
じめじめと水が溜まる。

風が吹く・・・
ビュービューと吹く。
強い風がとぎれとぎれ吹く。

悩みをいっぱい溜めた私の心を、重苦しい私の心を
吹き飛ばすように
寒々と吹く。

雷が鳴る・・・
たいへんだ、天が怒っているのだ。
私は自然に謝らなければいけない。

蚊をたたき潰したのも
小さな蟻を踏み潰したのも
稲の穂をむしりとったのも

そうしなければ、私は人間でいられない。

※自然には逆らわず・・一寸の虫にも五分の魂・・
 おばあちゃんがよく言ってたな!



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ