UK EXTRAのロンジャン 予約開始





昨年初めてのロンジャンリリースで、僕の予想を超える予約数を頂いた、UK EXTRAのロンジャン。再発のリクエストもいただいておりましたので、今年もリリースする事になりました!!



今回も受注生産とさせて頂きます。店頭での販売は今の所考えておりませんので、購入お考えの方はご予約頂きますよう、宜しくお願いいたします。





受注生産予約は9/10〜9/23までとなります。お渡しの予定は12月予定です。





クリックすると元のサイズで表示します



ご予約は、こちらから http://uk-extra.com/uvleatherjacket.htm






説明長いので、休み休み読んでください。




まずは一番大事な革質から。今の日本のライダースは、鞣しのかなり効いた柔らかい物や、ヴィンテージ風の加工した、柔らかい革が主流ですが、うちは違います。革は牛革で、厚手で硬めです。しっかりとした革を自分の体形へと形を変えて行ったライダースが一番かっこいい!!僕はそう思っています。しかし、経年に時間をかけたく無いと言うのも分かります。そういう意見もしっかりと考慮した革を買い付けました。


『表面は硬めですが、芯が柔らかめの革』   今回使用したのはこんな革質です。なので、厚手の牛革ですが比較的、早く柔らかくなる革質で、体形への馴染みも割と早い段階で出てきます。只、表面はしっかりしていますので、武骨な昔風の雰囲気が無くなる事は無いです。



クリックすると元のサイズで表示します



シボは少なく、つるんとした見た目で表面にはツヤがあります。鞣しの無い革のライダースは新しい時が苦手だという方にも、納得して頂ける馴染みの良さです。とは言え、最初は硬めですよ。只、そうでないと良いライダースには仕上がりません。


表面に吹き付ける顔料は少なくしてあります。顔料でごまかしてるライダース、けっこうありますが、うちはしません。なので、革の持っている傷等が最初目立つ事がありますが、これは顔料をガンガン吹き付けて仕上げで革質をごまかしていない証拠です。



クリックすると元のサイズで表示します





程よく重厚感のある厚みの革で、高級感のある質感は自信があります。



クリックすると元のサイズで表示します




全体的にタイトな作りで、肩幅は狭い作りです。サイズはS(34インチ)、M(36インチ)、L(38インチ)です。当店のサイズ感ですので、一般的なサイズ感より少し小さめとお考え下さい。




そして、気になる背中のデザイン。これ気になりますよね。ここはパンク上がりの古着屋が出すライダースという事で、さらに踏み込みます。実はロンジャンってヴィンテージも現代の物もフロントのデザインはそんな大きくに変わりが無いのですが、背中のデザイはン70'sの頃から色んなデザインがあります。

ロンジャンのデザインの大きな変化は背中にあるのです!!
好みが分かれますが、日本のライダースでこのデザイン出してる所、多分無いと思います(あったらごめんなさい)



クリックすると元のサイズで表示します




クリックすると元のサイズで表示します




分かりますか?



この肩のアーチ。そうです、DISCHARGEのキャルが着ていたライダースのあのバックデザイン!!







クリックすると元のサイズで表示します




4枚革の独特のデザイン。ルイスや、ハイウェイマン、マスコット等のUKの大御所のメーカーは使っていない、このバックデザイン。超B級デザインですね。古着で探すのも難しいこのデザインを、ロンジャン出すなら絶対これで出してやる!!と長年思ってたことが形に出来ました。ホントに嬉しいです。ここを狙って復刻したのは、うちのライダースらしいと自分でも思います。


UKの当時物を参考に、UK EXTRAのサイズ感で違和感ないようにパターンを作りました。日本人の体形に合うライダースにこのバックデザインにするには、パーツの大きさが難しい。縫い合わせも綺麗にはめないといけないし・・・・。これが中々の難題でしたが、拘って時間かけたので良い仕上がりになりました。肩のアーチから腕の後ろの縫い合わせがきれいに1本に繋げてあります。ここ重要です。



他にないバックデザインです。


クリックすると元のサイズで表示します




アームホールは小さめで肩幅も狭く作ってあります。厚手の革なので、肩幅を小さめにしないと肩が張ってかっこ悪いんですよね。


左肩にはボールジップの付くロンジャンの王道スタイルです。ロンジャンの左肩には、絶対に必要なこのジップ。個人的な主観ですが、これないと寂しいんですわ。





クリックすると元のサイズで表示します




撮影時はSサイズを着用しています。



ライダースの顔の一部、メインジップはこちら







クリックすると元のサイズで表示します





CLIXの四角いタイプのジップです。70’sのライダースでよく使用されていた物と同じです。この四角のCLIXは使用しているブランドも少ないです。

そして、ピカピカジップはカッコ悪いので、ヴィンテージのメッキ加工をしてあります。



クリックすると元のサイズで表示します


革にツヤがあるので、ジップは光沢のないヴィンテージ加工が合います。その他のジップは全てボールジップで、こちらもつや消しの物を使用しています。








クリックすると元のサイズで表示します



インナーは60〜70'Sスタイルで、コットン素材のキルティングです。タイトなデザインを壊さないよう、程よい厚みになっております。袖のインナーはキュプラ素材で、インナーに服が持っていかれる事もないです。

ブランドタグは最近、革製品に使ってるユニオンジャックのタイプ。



国内生産で、縫製のレベルも高いです。革も日本製です。




予約受付期間は9/10〜9/23までです。店頭販売は今の所考えておりませんので、是非この機会にご予約お願いします。高額商品ですが、ご予約時に内金はいただいておりません。お客様との信頼関係で、やらせて頂いております。キャンセルはくれぐれも無いようにお願いいたします。

期間中はSサイズのみですが、店頭でご試着もしていただけます。コロナの影響でSサイズのみしか準備出来ませんでしたが、実物見たいという方はぜひご来店お待ちしております。




数々のロンジャンを見て来た、経験とセンスを詰め込んであります。





サイズ感や不明な点はお気軽に問合せ下さい。出来るだけ分かりやすいように説明させて頂きます。




よろしくお願いいたします!






1
投稿者:TSUTOMU
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ