セルヴィッチをカッコよく色落ちさせる方法






店舗は明日31日から通常営業予定ですので宜しくお願いします。




さて、先日アップしましたこちら





クリックすると元のサイズで表示します




アイテムページはこちら http://uk-extra.com/uvstraightdenim.htm



セルヴィッチのストレートデニムですが、好評頂きまして、ありがとうございます!



綺麗な縦落ちのデニムへの経年の変化って言うのがセルヴィッチの醍醐味でもあり、1番の特徴ですが、綺麗な縦落ちデニムになるには、少々こつがあるので書いておきます。(デニムオタクではないので、軽い感じの内容です 笑 )



まず、ちょっとやそっとの着用では、縦落ちは出ません。逆に、そんなにすぐに出たらカッコ悪い色落ちになります。数年かけて仕上げていきましょう。その経年も楽しみましょう!!




クリックすると元のサイズで表示します



この状態になるコツですが、



@まずは、良く履きましょう。大事に履きすぎてあまり着用を控えると、色落ちには時間がかかります。


色落ちの原因は大きく2つあって、一つは擦れた事によって色落ちする(アタリが出るって言うのはこの事です)のと、洗濯によって色落ちする。この2つが色落ちの要因ですので、ここを上手くやりくりすれば、綺麗な色落ちになります。

まずは良く履きましょう!と、言ったのは、擦れたことにより色落ちするのを進めていこうという事です。沢山はけば、自分の体形でシワが入り、その部分が擦れて、擦れてる部分は色落ちがはじまり、擦れていない部分では色落ちはしない状況になります。




クリックすると元のサイズで表示します




股上部分から横に何本ラインが入ったような色落ちが見られますが、これが所謂『ヒゲ』とよばれる色落ちです。これは、座った時に出来るシワが出た状態で、擦れた部分が色落ちし、擦れていないシワの谷間になる部分が色が濃く残ると言う現象です。



やはり、これは履かないと出てきません。沢山履いて、擦れる分と擦れない部分をデニム全体に出すことで良い色落ちが出るという事です。




A洗濯は控えめに


折角@で沢山履いて、アタリをだそうとしていても、こまめにデニムを洗ってしまっては、意味が無いです。こまめにデニムを洗うという事は、『デニム全体が色落ちする』という事になります。

綺麗な色落ち それはすなわち → 『色落ちしている所と、していない所のコントラスト』と言う事になります。


洗濯を頻繁にすると折角アタリが出ていても、アタリが出ていない分(色が濃く残る部分)も一緒に色落ちが進んでしまいます。なので、洗いすぎは、駄目です。




B洗濯の仕方


とは言え、洗わないのは汚いですよね。上級者は本当に洗わない人もいるみたいですが、僕は仙人ではないので、洗わないのは無理です・・・・。ええ歳ですから、臭くなるのも気になります。


そこで、洗い方ですが(まずは頻繁に洗わないことが前提です)、洗剤は蛍光漂白剤が入っていない物が良いです。TVでよく見る『 真っ白!!!!になります!!! 』の洗剤は大体漂白剤が入っているので止めましょう。デニム専用の洗剤使うのが面倒な人(僕も使っていません)は、赤ちゃんや小さな子に安全に使える洗剤は漂白剤入っていない物が多いですし、簡単に手に入るので、その辺を使用すると良いですね。

僕は手洗いより洗濯機派です。手洗いより、洗濯機のオシャレ着モードで洗うのが良いと思います。洗濯機についてるオシャレ着モードは多めの水でゆっくり洗ってくれるので、お勧めです(お使いの洗濯機によって違うので、その辺は自己判断して下さい)。MAXで神経質な人は付け置き洗いをお勧めします。

洗濯機使用の際は、必ず大きなネットに入れてひっくり返して洗って下さい。干す時も必ずひっくり返して欲して下さい。






あれこれと書きましたが、ようは



ガンガン、履きましょう!!


頻繁に洗わない!!(僕はニオイが気になってくれば洗う程度です)



蛍光漂白剤入りの洗剤は使わない!!



ひっくり返して干しなさい!!!





以上、割と簡単にセルヴィッチの色落ちが出せるブログでした。




クリックすると元のサイズで表示します





ご自身で作り上げた綺麗な色落ちセルビッチは、宝物になりますよ。




是非お試し下さい。



1
投稿者:TSUTOMU
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ