kuriharaです。ヨロシク。

2008/3/15

南アルプス市民文化祭の、白根地区の話や、ライブの話。  

桃源文化会館に、自分の絵画作品、
一点を、展示してきました・・・。
当初の予定では、三点展示する、
つもりでしたが、展示スペースの都合で、
一点だけ展示してきました・・・。
その、当初の予定の三点というのは、
油絵の、パンと猫の置物の絵と、
こけしと置物三点の絵の、原曲ヴァージョン、
と、シングルカットヴァージョンの、
二点(笑)で、合計三点の、予定でしたが、
油絵の、パンと猫の置物の絵の、一点だけ、
展示しました・・・。まあ、15日と16日に、
あるので、よかったら観にきてください・・・(^^)。
それでまあ、なんかまた、違う話題を、
書こうと思いますが、ああそうそう、
沖縄にいた時代、意外と、人が三線を、
弾いてるところは、ほとんど見なかったですね。
まあ、民謡酒場とか、そういうのも、
あったのかもしれませんが、自分は、
沖縄にいても、民謡酒場とかは、一度も、
行かなかったですけれどもね・・・。
自分が沖縄で、人が三線を弾いてるところを、
見たのは、喜納昌吉と、りんけんバンドが、
三線を弾いてるところを観ただけですね・・・。
喜納昌吉は、けっこういろんなところで、
ライブをしているところを観たのですが、
どこかの野外で、喜納昌吉がライブを、
しているところも観たのですが、三線を持って、
出てきて、それで、三線を弾き始めて、
なんかすごい迫力で、はじめ自分は、
「これはすごい!」とか、思ったのですが、
でも、えんえんと、長時間、ずっと同じような調子の、
三線を弾き続けていて、それで、
「なんかもういいや、飽きた」とか思って、自分は、
ライブ会場から立ち去ってしまった、なんてことが、
ありました・・・(^^;)。
あと、りんけんバンドは、女性のキーボーディストが、
いたころの、りんけんバンドを観たわけで、これも、
けっこう、貴重な目撃体験ですね・・・(笑)。
それでまあ、バンド系統の、貴重な目撃体験の、
話をすると、エコーベリーというイギリスのバンドの、
黒人の女性ギタリストがいた頃のライブを観た事がある、
というのも、けっこう貴重な目撃体験ですよね・・・(笑)。
それでまあ、シャンプーという、これもイギリス(だと思った)、
の女性二人組のグループの、ライブを観た事があるというのも、
貴重な目撃体験、ですよね・・・。
なんか、ステージの飾りのセット、
みたいな感じで、ダッチワイフみたいな人形が、
いっぱい飾られていました・・・(笑)。
あとまあ、モリッシーのライブとかは、
ステージの後ろのスクリーンに、「ボクサーズ」の、
ヴィデオクリップの、敵のボクサーが、
ニヤリと笑っているところの写真が、写されていて、
モリッシーが、「ボーイレーサー」を歌っている時、
「ボーイレーサー、ボーイレーサー、なんとかかんとか、
キル・ザ・プリティーシング」とか歌う時(笑)、
「ボーイレーサー、ボーイレーサー」のところで、
モリッシーが、うしろのスクリーンの、敵のボクサーが、
ニヤリと笑っているところの写真を、指さしたり、
してましたね(笑)。そんなシーンを観られたのも、
貴重な目撃体験ですよね・・・(笑)。あとまあ、
もちろん、モリッシーのライブ恒例の、客が、
ステージに上がり、モリッシーに抱きつくという、
ところも、ほとんど秒刻みで、観られたのですが、
まあ、ほとんど、お約束の、予定調和的な感じで、
あんまり、ハプニング的な感じは無かったですけれどもね(笑)。
あとまあ、なんの曲か忘れましたが、ライブで、必ず、
曲の最後で、ノイジーなギターで、轟音を響かせて、
曲が終わるという風に演奏する曲がありましたよね・・・。
その曲で、ギターの人が、ジミ・ヘンドリックス風の、
「アメリカ国家」を、ノイジーに弾いて、それで、
ギターをアンプに立てかけてしまって、それで、
舞台設営係みたいな人が、急いで、そのギターを、
かたつけた、なんてシーンも観ましたけれどもね(^^)。
これも、けっこう貴重な目撃体験ですよね・・・(^^)。
とまあ、なんかあんまり脈絡のない話をしてしまいましたが、
そんなような話もしてみました・・・(^^;)。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ