kuriharaです。ヨロシク。

2007/10/30

続き・・・。  

あとまあ、沖縄時代に、
たしか、ドロシア・ラングという、
名前だと思ったけれども、
そういう写真家の、
アメリカの、ほとんど、
開拓時代を撮ったんじゃないか、
というような、モノクロの、
写真集があって、それを買ったりして、
すごく気に入ったりして、
それで、自分の行っていたサークルで、
作っていた、部員の詩とかを集めた、
パンフレットみたいなものがあって、
自分が編集を担当した時、
その、ドロシア・ラングの、
モノクロの、開拓時代のアメリカを、
撮ったような、写真集の中から、
一枚選んで、表紙に使ったとか、
そういうことがあったりしました・・・。
あとまあ、それ以外で、その詩集みたいな、
パンフレットよりは、もう少しヴォリュームの、
大きい、同人誌というか、小冊子もあって、
それも、自分が編集を担当した時に、
まあ、もちろん文章だけではさびしいので、
いろいろコラージュとかで、飾り立てたりして、
それで、例の、自分が書いた、小説風の小品、
とかにも、なんだかわけのわからないコラージュを、
そえたりとかもしましたけれどもね・・・。
あとまあ、そういう、パンフレットやら、
同人誌というか小冊子とかで、コラージュを使う、
とか、そういうのとかは、けっこう自分の、
得意領域みたいな感じとかになってたような、
ところとかもあって、他に、人体標本みたいな、
骸骨の全身像のまわりに、なんだかいろいろ、
あったりとか、そういうコラージュを作ったり、
あと、裸の男女の子供(小便小僧風の彫像の写真、
だったですけれども・・・)のまわりに、
なんか、花が散らばってるとか、そういう、
コラージュも、作ったことがあります・・・。
まあ、裸の男女の子供とか、そういうアイデアは、
ニルヴァーナの、『ネヴァーマインド』という、
アルバムのジャケットから、アイデアをいただいた、とか、
というような、感じもあったんですけれどもね・・・(^^;)。
とまあ、そんなような話題もあったりして、
まあ、今回は、これくらいにしておきます・・・(^^;)。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ